各党に公開質問状を送付しました。

【追記】
☆自民党から回答が来ました。(2011/08/10)自民党からの回答
☆公明党から回答が来ました。(2011/08/18)公明党からの回答
☆共産党から回答が来ました。(2011/08/19)共産党からの回答
———-以下、回答期限後に到着———-
☆みんなの党から回答が来ました。(2011/08/24)みんなの党からの回答

 下記の党首あてに公開質問状を送付しました(8月5日に簡易書留にて発送)。

公開質問状の内容

民主党 代表 菅 直人
自由民主党 総裁 谷垣禎一
公明党 代表 山口那津男
社民党 党首 福島みずほ
みんなの党 代表 渡辺喜美
日本共産党 委員長 志位和夫
国民新党 代表 亀井静香
たちあがれ日本 代表 平沼赳夫
新党改革 代表 舛添要一
新党日本 代表 田中康夫
新党大地 代表 鈴木宗男
佐藤夕子

回答指定期日は8月19日としました。

回答は順次この欄に掲載します。


2011年8月27日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:資料

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Hiroshi Tkei より:

    絶対に、そして永久に安全な廃棄物の処理法が発見されるまでは、全面的に中止するべきだと思います。

  2. koike より:

    自民党は、国会議員としての役割を果たしていないように見えるけれど、プライドだけは高いと感じる。国民から見れば薄っぺらなプライドにしか見えません。
    公明党は、当たらず触らす的のよう。
    共産党は、さすが論理的。
    みんなの党は、人間的。

    原発のことを、ひとつの村や町、県単位で決めて欲しくない。
    福島の事故で、国だけでなく地球規模の問題だということが明確になったのだから。


コメントをどうぞ