伊方原発再稼働を問う住民投票求め、八幡浜市で11/3に直接請求の署名集め開始

四国電力伊方原発の再稼働の賛否を問う住民投票の実現をめざし、伊方町の隣接市、愛媛県八幡浜(やわたはま)市で直接請求の署名集めが始まります。署名期間は11月3日(祝)~12月2日(水)です。署名開始に先立ち、10月28日(水)には「住民投票を実現する八幡浜市民の会」発足の集いが開かれました。

●愛媛新聞ONLINEの2015年10月29日(木)付の記事を以下に全文引用します。

八幡浜で住民投票団体が発足 来月3日に署名活動開始
2015年10月29日(木)

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20151029/news20151029965.html

 ”四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働の是非を問う住民投票実施を目指す八幡浜市の市議や市民団体は28日、「住民投票を実現する八幡浜市民の会」を正式に設立し、住民投票条例の制定を直接請求する署名活動を11月3日から始めると発表した。条例案など、請求に必要な申請書類を10月29日に市へ提出する。
 市内で開いた設立集会では、署名運動期間を12月2日までに決定。同会の共同代表に石崎久次市議(無所属)らを選出した。条例制定の直接請求に必要な署名は選挙人名簿登録者数の50分の1で、9月2日時点では619人以上だが、会は「1万5千人の署名を目指す」としている。”

●発足の集いの模様は、ツイキャスによる動画でご覧いただけます。

住民投票を実現する八幡浜市民の会発足会合@みなっと
http://twitcasting.tv/togura04/movie/212016546


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 大亀寿秀 より:

    住民投票頑張ってください。
    また応援に行きます。


コメントをどうぞ