八幡浜市住民投票 直接請求:署名集め1日目のレポート

2015年11月3日(祝)、伊方原発がある伊方町の隣接市、八幡浜(やわたはま)市で、伊方原発再稼働の賛否を問う住民投票の実現を求め、直接請求の署名集めが開始されました。署名期間は12月2日(水)までの一か月間で、直接請求運動は「住民投票を実現する八幡浜市民の会」(以下、「市民の会」)によって行われています。「市民の会」は、八幡浜市の有権者の約半数、1万5千筆の署名を集めることを目標に掲げています。

1610994_966755653391312_3710086950601810588_n同日10時から行なわれた事務所開きと出発式は、「市民の会」のメンバーなどの支援者が集まる中、共同代表を務める遠藤綾さんの挨拶で始まりました。次に、同じく共同代表の石崎久次市議が今回の直接請求活動の概要説明をします。

石崎氏は、原発の再稼働に関して市民の声や市議会の話を聞くことなく、市長が9月2日に突然県知事に再稼働賛成を表明したことを「独断専行で大変やり方が間違っているのではないか」と強く批判。市民の怒りが伝わってきて、今回の活動をすることになったと経緯を語りました。そして、次のように挨拶を締めくくりました。

「伊方原発の再稼働に賛成の方もいらっしゃるでしょう、反対の方もいらっしゃるでしょう。けれど、市民の声を一番に聞くということが大事ですよ。こういう命、みなさんの財産、そして子供たちにこの八幡浜の未来を託すのに、勝手な判断だけはいけません。もう一度きちっと取り戻そう、取り戻して、市民のみんなの声でこの決断をするべきじゃないか。そういうために、これから一生懸命一か月間、全戸訪問して、そして1万5千人の署名を集める。みなさんの中で『どうしてそんなことができるんだ?』と言われる方もいますけれど、無理だと思うことをやりとげることで喜びが生まれると思います。これから一か月間、一生懸命、みなさんと一緒に頑張って参りたいと思います。どうか、マスコミのみなさんもあわせて、市民のみなさん、署名運動にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

12193704_966755783391299_9186259615478629234_n続いて、岩淵治樹市議がマイクを握り、八幡浜は「原発立地の隣地で、はっきりいって原発立地と変わらない位置にある」のだから、その原発の再稼働について「もっともっと考え、市民の声をしっかりと聞きながら決断すべきところ」を「(市長が)暴挙とも言えるような駆け込みのような、市民にも市議会にも全く相談もなしに、再稼働の了承を県知事にもっていった。これは市民にとりまして寝耳に水、あり得ないこと」であり、これを正すために住民投票が必要であることを力説しました。また遠藤素子市議からは、署名簿の詳細や署名時の注意点が説明されました。

12191950_966755843391293_8024859920078195769_n出発式の終了後は、参加者全員で芸能文化祭が行われている市民会館の前に移動して、署名集めのスタートを切りました。続いて商店街を練り歩き、通行人とお店に署名の協力を依頼しました。

これから、一か月間で1万5千筆、1日当たり最低500筆の署名を集める目標に向けて、精力的な活動が行われていきます。




*出発式の模様は、以下のYouTube動画でご覧いただけます。

(文責・鹿野、撮影・大音)


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ