【速報】八幡浜住民投票、有権者の約1/3、11,175筆の署名を提出

teisyutu

本日12月7日(月)、「八幡浜住民投票を求める市民の会」(以下、市民の会)は、伊方原発の賛否を問う八幡浜市住民投票条例を求める署名を八幡浜市選挙管理委員会に提出しました。

提出された署名数は、八幡浜市有権者の約三分の一にあたる11,175筆。直接請求に必要とされる署名数616筆(有権者数の1/50)をはるかに越える数となり、八幡浜市民の関心の高さを示す筆数となりました。

選挙管理委員会による20日間に渡る審査の後、有効署名数が確定します。その後、縦覧時間を経て、臨時議会が1月か2月に開催され、そこで条例案が審議される見込みです。

kisyakaikein

署名提出に先立ち、午前9時からは記者会見が行われました。市民の会の共同代表を務める遠藤綾氏と石崎久次氏は、署名をした人は再稼動反対の方が多かったが、「賛成だけれども住民投票をしよう」という方もいて、「市長だけが勝手に決めるものじゃないでしょ」「市民みんなで決めましょう」ということでこれだけの数字につながった、と署名数について評価、統括しました。

また、遠藤氏は「署名いただいた方はもちろん、永年原発運動されてきた市民グループ、近年立ち上げられた市民グループ、市議さん、またネットを通じたボランティアなど、多くの方にサポートいただいたことでこの数字が達成できたと思います」と感謝の意を示しました。

記者会見の最後には、「住民投票実現のために働きかけて行きたい」と、今後は市長、議員へのアプローチを強めていく決意が示されました。

tumiagerareta

今日の記者会見と署名提出には、署名開始日と比較して倍以上のマスコミ取材が見られ、注目度の高さが感じられました。〈みんなで決めよう「原発」国民投票〉としても、引き続き注目し、住民投票の実現に向けて支援をしていきます。

今後の動向については、市民の会の公式Webサイト、Webサイトで紹介されている応援団ページと公式Twitterもご確認ください。


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ