4/23:(関西)連続講座「原発からみる民主主義」第1回・スウェーデン

★連続講座★
「原発からみる民主主義」
〜チェルノブイリと福島の事故をうけたヨーロッパ各国の選択〜

チェルノブイリや福島の事故をうけて、世界各国はどのような選択をしているのだろうか。
私たちがいますべきこととは、なんだろう?

この連続企画では、書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方をお迎えし、ヨーロッパ各国の事例について講演していただきます。

第1回は「スウェーデン」

米・スリーマイルの事故を受け1980年に世界で初めて2010年の原発全廃を国民投票で決めたスウェーデン。しかし、福島第一原発事故後、現在は「脱・脱原発」へと方向転換したといわれています。環境立国でも知られる一方で、エネルギー資源にも乏しい点は日本と同じ。原発をめぐる世論や政策転換の背景には何があったのでしょうか。

講師:渡辺博明(わたなべひろあき)

1967年生まれ。龍谷大学法学部教授(政治学)。著書に「スウェーデンの福祉制度改革と政治戦略」「ヨーロッパのデモクラシー」「紛争と和解の政治学」、ほか。

日時 : 2017/4/23(日)
13:30 open / 14〜16 講演と質疑応答
場所:クレオ大阪西 研修室

http://www.creo-osaka.or.jp/west/access.html
(JR環状線/阪神なんば線 西九条駅徒歩5分)
料金:500円(資料代)
申し込み方法:以下のいずれか
Facebookイベントページへの参加表明
Email:mintkansai@gmail.com
電話:090-4273-4591(大音/おおと)

☆今後の予定
第2回 5月28日 「ドイツ」(講師:小野さん)
第3回 6月25日 「イタリア」(講師:高橋さん)
第4回 7月23日 「フランス」(講師:畑山さん)


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 菊池武将 より:

    初めまして、私は原発絶対反対です。使用済み核燃料の放射性廃棄物が子々孫々と残る為反対です。ある国では地中深く埋設して表示しても文明が変わったら文字が解読できないかもしれない事まで想定している様です。わが国は唯一の被爆国であり核の恐ろしさを知っている国でながら原発を商売にしているとても恥ずかしい国です。福島原発事故の時に節電して原発に頼らなくても何とか生活できたと思うのです。一人一人が後世の人達に負の遺産を残さない為にも「原発国民投票」を行うと同時に無駄な電気は控える習慣をつける様にしたいものです。


コメントをどうぞ