『マガ9学校』(6月4日)(終了)

 日本、いや世界中が注目している福島第一原発事故は、未だ収束の目処がたっていません。
甚大な放射能物質を空に土に海に放出を続け、汚染は広がるばかりです。
このようにひとたび暴走するとまったく制御不能である原発が、日本全国に54基あります。
それゆえにこれは福島と近隣地域の問題だけではない、とも言えます。
それにしてもなぜ、このように危険な原発を地元は受け入れてきたのでしょうか?

 次回の『マガ9学校』(6月4日)は、35年も前から全国の原発地帯を歩き、
長らく原発問題に取り組んできた、ルポライターの鎌田慧さんを講師にお迎えしてお送りします。
またプレカリアート運動、労働問題について積極的に取材、運動をすすめてきた雨宮処凛さんにも登場いただき、
「原発と労働、原発で働く人々」という視点から鎌田さんとの対談を行います。
また元原発労働者の方にも来ていただき、原発の現場がどのようなものか、ということを語っていただく予定です。
              *
 戦後まもなくから今日まで「国策」として進められてきた「原発事業」。
脱原発、エネルギーシフトをするためにも、これまでのことを、きちんと知っておきたい。
鎌田さんと雨宮さんのお話を聞いて、みなさんと一緒に考える一日にしたいと思います。
参加申し込みはこちらから。
http://www.magazine9.jp/gakko/009/


2011年5月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ