都民投票、市民投票条例案と請求要旨

 すでにお知らせしておりますとおり、[みんなで決めよう「原発」国民投票]は、都民投票、県民投票、市民投票の直接請求に乗り出します。

「原発」都民投票の請求代表人の目玉は、作家・詩人の辻井喬(本名 堤清二)さんと俳優の山本太郎さん。
一方、「原発」大阪市民投票の代表人には、大阪らしく、人形浄瑠璃文楽座・太夫の豊竹英大夫(林雄治)さんや、釜ケ崎の労働者のケアに努める上田假奈代さんらが就きます。

東京都、大阪市に制定を請求する条例案と請求の要旨ができあがりましたのでご覧下さい。(pdfファイルとなっております)

都民投票条例案
都民投票請求の要旨
市民投票条例案
市民投票請求の要旨

※これについて、意見や質問などがあれば、今月20日までに事務局あてに
メール(info@kokumintohyo.com)もしくは、FAX 03-3200-9274で、お寄せ下さい。
21日の夜に、事務局スタッフ及び地域調整委員の会議を開催しますので、
その際、議論をしたうえで、条例案、要旨とも中身を確定します。

2011年10月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:資料

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ