静岡県民投票条例案への「問題点」指摘に対する当会の見解

2012年9月3日
みんなで決めよう「原発」国民投票

 
 静岡県は8月30日、記者会見を行い、中部電力浜岡原子力発電所の再稼動の是非を問う県民投票条例案(静岡条例案)に対し、法制度上の主な問題点とする見解を示しました。
 翌31日の各紙が、「条例案には法的な不備があり、県議会で可決しても執行できない」と大きく報じており、県民投票は実施できないのではないかというご心配の声が、当会に寄せられております。
 
 結論から申しますと、このようなご心配はまったく無用であると、当会は考えております。
 
 新聞報道によれば、条例案は……(つづく)
 
全文(pdf 106kb)


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ