【速報】ゲディミナス・キルキラス元首相と会見

【速報】ゲディミナス・キルキラス元首相と会見
 
[ビリニュス10月15日20時 今井一]
新政権に入るであろう社民党のゲディミナス・キルキラス元首相に会ってきました。

社民党のゲディミナス・キルキラス元首相

大差をもって原発建設反対票が多数を制したからには、たとえ諮問型国民投票であっても、その民意を汲むべきではないか。どうするつもりか?と質したところ、今回、国民は十分な情報を得られないまま投票に臨んだことなど、いくつかの問題点をあげながら、原発建設計画を白紙にするためには「新たな国民投票を実施して主権者の意思を確認する必要がある」と述べました。
彼の発言の詳細は、今週末までに市民グループ【みんなで決めよう「原発」国民投票】のウェブサイトに掲載します。19、21日の報告会においてもお話します。
 
 
【速報】選管委員長会見 まだ国民投票『成立宣言』せず
 
[ビリニュス10月15日14時 今井一]
リトアニア「原発」国民投票、選挙に関する選管委員長会見に出席。
精査の必要があるとして、選管はまだ国民投票『成立宣言』をしていません。
ただし、発表されている52.34%の投票率が今後精査によって50%を割り込むとは考えにくく、現地の人々の大方の見方は「成立した」という認識です。
最新の数字は(有効投票に占める割合として)反対票が64.83%、賛成票が35.17%。
このあと、新政権に入るであろう社民党のゲディミナス・キルキラス元首相に会って取材します。
 
 
【速報】リトアニア「原発」国民投票、開票ほぼ終了
    〈反対票〉がダブルスコアに近い数字で多数を制す!

 
[ビリニュス10月15日午前9時 今井一]
リトアニア「原発」国民投票の開票はほぼすべて終了。
〈反対票〉がダブルスコアに近い数字で多数を制す!
午前9時現在、反対票は64.9%。賛成票は35.1%。
50%以上が「成立要件」となっている投票率は51.9%。
このあと正午~政府会見。行きます。
 
 
【速報】リトアニア「原発」国民投票
    「反対票」が圧倒的多数を占める!

 
[ビリニュス10月14日23時半 今井一]
反対票は最終的に60%を超すことがほぼ確定。
一方、賛成票は40%に満たない模様。
「成立要件」となっている50%以上の投票率もクリアした。
今後は「法的拘束力」のない今回の国民投票における主権者の多数意思がどのように政治、立法に反映されるか。そこに焦点が移る。
この点については、明日、社民党のゲディミナス・キルキラス議員に会う際、訊いてみたい。


2012年10月15日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:ニュース 速報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. むかい より:

    街の声では「原発」国民投票そのものへの反対も多いと聞きましたが、心配された最低投票率をクリアできたのですね。選挙との抱き合わせが功を奏したのでしょうか。ロシア依存からの脱却という複雑な問題を抱えていても「原発反対」票が多数を占めたことに、希望を感じます。今後の政治にどのように反映されていくか、注目していきます。


コメントをどうぞ