アースデイ東京2013に出展しました

20130420_093605みんなで決めよう「原発」国民投票では、4月20、21日の両日、東京の代々木公園で開催された「アースデイ東京2013」にブースを出展しました。

昨年は他団体のブースの一部を間借りして署名集めをさせていただきました。今年は初めて、会として単独でブースを出展し、東京、神奈川、埼玉の賛同人計16人が集まり、様々な活動を展開しました。

悪天候の中、当会のブースに足を止めていただいた皆さま、アクションに参加して下さった皆さま、大変ありがとうございました。

なかでも「地元の国会議員にハガキを送ろう!」という呼び掛けに応えて、60人もの方が「国民投票をやりましょう!」という熱意のこもったメッセージを書いてくださり、私たちとしても大変勇気をいただきました。

以下、写真とともに、二日間の模様を紹介します。

20130420_124856 アースデイに合わせて、賛同人が新しくデザインした「原発」国民投票のTシャツを販売しました。

デザインは2種類です。当HPからも購入申し込みができるようにする予定ですので、ご期待ください。

Tシャツの他、国民投票のバッチ、都民投票のDVDや書籍の販売も行いました。

当会で取材をしたリトアニアとブルガリアの「原発」国民投票の模様を展示しました。

今年中に台湾でも「原発」国民投票が行われそうな状況です。

日本でも早く、原発の是非を問う国民投票をできるようにしないといけません。

2_20130420_163537
20130420_103758 初日、ブース展示を開始してまもなく、都民投票のときに「新宿画板隊」として大活躍したアベちゃんに「私が署名した理由」を書いてもらいました。

メッセージは「大好きなあの子の笑顔を守りたいKARA」。

彼のブログはこちらです ⇒ 北海道支笏湖の漕人「安倍怜」ブログ「今日もどこかで てやんDAY」

シール投票の良いところは、会話に花が咲くところです。みなさん気軽に、シールを張ってくれます。

今回のシール投票の設問は「原発の是非を決めるのは誰?」、選択肢は「政治家」、「専門家」、「国民」の3つにしました。

20130420_124118
20130421_171738 ほとんどの方が「国民が決めるべき」(ボードの右)に一票を投じました。専門家(真ん中)、政治家(左)が決めるべき、というのも貴重なご意見です。
 
いつもの署名に加えて、「地元選出の国会議員にハガキを送ろう!」というキャンペーンも行いました。

キャンペーンの詳細は 当HPの特設ページ をご覧ください。

20130420_163217
20130420_153853

 
少しでもハガキを書いてもらいやすいように、議員要覧を準備して、地元選出の議員の名前と住所を調べ、提示しました。
 
60人の方が、その場でハガキを書いてくれました。切手代50円をいただき、後日当会からまとめて発送しました。

宛先を書いて、自分の住所・氏名を書いて、議員へのメッセージを書いてと、ハガキを書くのは面倒なものなので、本当に嬉しかったです。ハガキに書かれていくメッセージを読みながら、感動してしまうこともありました。悩みながら、時間をかけて書いてくれる人が多かったです。

また「後で書きます」と言い、ハガキを持ち帰ってくれる人も多かったです。なかには友人に配るからと30枚ぐらい持ち帰る人もいました。

「原発」国民投票を願う人々は、たくさんいるんです。そういった人たちにしっかりとリーチして、その思いを政治家に届けて、実現させないといけません。

 
935246_511582125566220_1988080748_n
401311_481230658597731_708128471_n

 
二日目、ブースを閉める前に記念撮影をしました。スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

また、足を留めてくださった方々に、本当に感謝します。

一方的に情報を提供するのではなく、アースデイに参加するみなさんと対話・交流をし、スタッフ一同、ポジティブなエネルギーをいただくことができました。


2013年4月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ