賛同人からのメッセージ集(4月分)

 

fuji

(会としては 原発「反対」または「賛成」を打ち出してはいません。
賛同人個々人が、それぞれの思いを抱いて運動に参加しています)

新しく賛同人登録された方々から
メッセージをいただいています。一部ご紹介させていただきます。

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民の意見が反映されない政治なんてあり得ません!!
(埼玉県・Sさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島第2原発事故後、政治家も又ほとんどのマスコミも東日本大災害は1.000年に一度の震災で避けられなかった如く伝えていた。国民の大部分もそれを是認せざるを得なかった。
時が経ち事実が明らかになるに連れて、原発事故は明らかに人災であることが明らかになった。この事実を誰も否認する事が出来なくなった。
永年政権にあって原発行政を推進し、原子力ムラに深く関わって来た自・公政治家も人災であったと認め謝罪する有様である。そんな政治家に再び国民は政権を委ねてしまった。なぜなのか。
国会原発事故調査委員会は何の調査をしたのか。女川原発を津波から守った故平井弥之助は既に869年の貞観地震大津波を詳しく調べ、防波堤を14.8mと主張し譲らなかったという事実だけをとって見ても、東電や業界、行政の責任は明らかなのだ。それにも拘らず国民の多額の税金を使い原発安全神話を流し続け、端的に言えば国民を騙しつづけたのだ。防災の訓練もいい加減にしながら安全とは何事かと今でも憤りを覚える。
(茨城県・Yさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

断固 廃炉へ。原発依存からの脱却です。
継続は力なり。真は力なり。
(神奈川県・Mさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

百年以上かけて、孫の代までいかないと廃棄処理が終わらないような原発は、次世代に負担をさせる年金制度と同じで、おかしいと思います。
(静岡県・Sさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発問題は、単なるエネルギー問題にとどまらず、日本の民主主義の「ありよう」に関わる問題と捉えています。
昨今の政治状況を眺めてみると、例えば憲法問題を取り上げて見ても、議論が浅薄で、上滑りに陥っているんではないか?の疑念が払拭出来ません。
この運動が、人任せの政治ではなく、自らの問題として、自分達の側に引き寄せる契機になればと考えます。
(神奈川県・Iさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆風にめげずがんばっていきたい
(北海道・Iさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民に重要な影響を与える問題である原発については、
他の問題とは別に国民の意思を明確に政治家に伝える必要があると考えます。
(千葉県・Yさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の未来は国民投票によって決めよう!
(北海道・Yさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発廃止を強く望む一人です。
(東京都・Kさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発問題を1日もはやく解決させたいと思います。
(埼玉県・Kさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月11日の朝日新聞オピニオン記事の内容に共感します。
66歳、子育てが終わり、仕事の重圧が軽くなった60代のこの年代が動かなければと世代論的に痛感しています。
(神奈川県・Nさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、63歳ですが「きれいごと」をひとつでも、きれいにして残したい、という思いを胸に、このつながりに参加します。
(秋田県・Dさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民投票をいくつかある民意の回路にし、エネルギー問題につてい当事者意識をもってみんなで考える機会としたい。
(埼玉県・Nさん)

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ayame

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

賛同人のみなさま、メッセージをありがとうございます!

■賛同人申し込みフォームはこちらです

申し込みフォーム


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ