#311を忘れない 署名キャンペーンキックオフ!

osaka_top3みんなで決めよう「原発」国民投票は、12月23日(火)午後、全国的に晴れやかな中、<311を忘れない。「原発」国民投票・署名キャンペーン>を開始しました。

●関西チームは、梅田の目印となっている歩道橋で街頭署名活動を開始。歌あり、ギター演奏あり、被り物あり、人間ツリー(らしき)ものあり、ツッコミありで賑やかに始まりました。

久々に穏やかな天気となり歳末・祝日で浮足立つ中でも、「原発」や「311」という言葉に反応する人たち。足を止めたくれた人たちは、それぞれの思いを語り、思いをメッセージボードや署名という形で表現してくれました。

最初に足を止めてくれたのは、高校生二人組でした。「国民投票って知ってる?」というと「知ってる。授業でならった」と教えてくれました。3年前は中学生。きっと大きな衝撃だったんだろう、と感じた出会いでした。

osaka_top1今回の街頭では、iPadを使ったスライドショー、スマートフォンを固定してのライブ放送(ツイキャス)も試しました。これからもiPadやスマートフォンを使用しての発信をどんどんしていく予定です。ご期待ください。

この「311を忘れない」キャンペーンは、関西チームが中心になって企画したものです。メッセージボードや動画をつかって、一人ひとりの思いの丈を表現するアイデアも、関西チームから出されました。関西チームでは、23日のキックオフに先立ちボードへのメッセージの記入と撮影が行われてきました。

23_tokyo●東京チームがキャンペーンのキックオフの場所として選んだのは、渋谷のハチ公前。都民投票のときに常設署名スポットとしていた、懐かしい場所です。

年末の渋谷は、いつにも増して賑やか。人混みに負けずにアピールをしていると、最初の署名者が現れます。書いていただいているときには気づきませんでしたが、あとから住所を見てみると、福島県の南相馬市の方でした。

この運動をしていると、たくさんの福島の方が署名をしてくれます。また「ありがとう」と声をかけて下さるのも、いつも福島の方です。当たり前のことですが、福島からの避難者が福島を忘れることはありません。#311を忘れない、ということは、福島で起こったこと、そして今起きていることを、私たちみんなが心に刻み、忘れないことでもあると考えます。

23_kanagawa1●神奈川では、かわさき市民活動センター(川崎市、武蔵小杉駅そば)を拠点に活動しました。

武蔵小杉は、最近も新しい商業施設がオープンしていて、とても人通りが多かったです。署名活動とシール投票で、多くの方にアピールさせていただきました。

シール投票の設問は「12月の総選挙で、あなたの原発に対する意見は反映されましたか?」。「はい」2票、「いいえ」5票、「わからない」1票という結果でした。「はい」に投じたご婦人は 「原発がなくなると日本の電力不足が怖い」とのことでした。

街頭アピールが終わってからは、市民活動センターの会議室に移動。まず、関西チームとSkypeで繋がってお互いに街頭活動のフィードバックをしました。次に、今後のキャンペーンについて会議を実施。途中からは東京のメンバーも加わって、今後のスケジュールや力を入れるアクションについて話し合いました。

23_kanagawa

キャンペーンキックオフの12月23日に街頭活動が行われたのは、大阪・東京・神奈川の3ヶ所でした。今後は、名古屋や千葉でも活動が予定されています。また北海道と宮城の仲間からも、メッセージボードの投稿がありました。

来年の3月11日のキャンペーンの終了まで、全国各地で活動を行います。このアクションに必要なのは、”気持ちが動いたそのとき”の、あなた自身の気持ち、あなた自身の言葉。“One person, one message, make our story”
あなたのストーリーを伝えていこう。

ぜひ、こちらのfacebookイベントページにご参加ください
【311を忘れない。「原発」国民投票・署名キャンペーン】
https://www.facebook.com/events/768733233198467
みなさんからの、メッセージ画像の投稿、お待ちしております!


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ