佐賀で「原発」国民投票についての説明会開催

原発の国民投票についてはまだ国民投票法が日本にないことから国民投票法の制定から始めなければいけません。

この運動は九州内ではまだ始まったばかりで賛同人の数が非常に少なくこの会の趣旨に賛同し、積極的に運動を進めて行く人を集めています。

今回、佐賀近辺で興味関心のある方は説明会においでいただき賛同人になっていただけると幸いです。
ご参加いただける方は満岡(harmony@po.saganet.ne.jp)にご連絡ください。
当日飛び入り参加もokです。

日時:2011年8月24日(水)19:00~
場所:佐賀市民活動センター(アイスクエア)中会議室
〒840-0801 佐賀市駅前中央1丁目8-32
TEL. 0952-40-2002
講師:今井 一
参加費:会場費 カンパ
連絡先:harmony@po.saganet.ne.jp(満岡)

※この説明会は賛同人以外の方も参加していただけます。


2011年8月2日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:活動予定

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 平川硬一 より:

    eメールアドレスを変更しました。
    宜しくお願い致します。
    (九州の賛同人・平川硬一)

  2. 杉山 文 より:

      今日本のみならず世界の国々は病気にかかっていると思います。私の願いは、全ての人に健康で幸せになってもらうことです。アメリカのリーマンショックや日本の原発問題にも同じ種の病巣があると思います。その原因とは、国民の生活を鑑みない国会の存在があり、それらは私利私欲に走り、社会に大きな影響を与えた企業に責任を求めるどころか、国税から企業を立て直す資金援助を行いました。まるで国民は財政界の奴隷のようなものです。このような正気の沙汰ではない国は明らかにおかしい状態だと思います。
     私は薄給な忙しい地方公務員の家庭に生まれ育ちました。両親には早いところ楽をさせてあげたいと思っております。日本国憲法の素晴らしい意義は、個人の尊厳を最高の価値としているところですべて国民は尊重されるべき人格を有し、尊重し合うならば自立して次々と夢を達成していける国です。となるよう現行憲法にきちんとした検証のメスが国民みずからの手で入れられ、禍根は根こそぎ取ってしまおう、良いところはもっともっと拡充しようと思います。国民みんなでもう少し頑張れば、もっともっと素晴らしい美しい国になると思います。皆さんのことは一生懸命応援しています。
     わたくしの目標は現行国家公務員の多くをリストラクチャリングの対象にすることです。もちろん国会議員もそうです。朝霞の公務員宿舎などは、なぜバリケードの中に国民の「入れろー」という声を無視して中に入らせないようにしているのか分かりません。彼らは明らかに私利私欲に走っています。
     福島の住民たちは多くの場合、行政官ではなく、自衛隊の方々に助けられた、ありがたいと言っています。もっと現地の人たちの声を聞いてほしいと。
     アメリカや韓国やロシアとの国境問題ですが、彼らとて無駄な争いはしていたくないのです。できるなら日本の意思の決定を待っていたいのです。なるべく早期に国民的コンセンサスが得られ、明るい方へ日本の行く末を日本国民の手でいい方へ導いていけたらいいと思います。日本国民のための政治が早く始まりますように。皆さんに全面的に賛同します。


コメントをどうぞ