事務局からのお知らせ(2017-10B)

突然の解散で翻弄されるのは、候補者だけでなく、
市民運動も一緒です。連絡先を調べるのに難航しましたが、
FAX番号が分かった候補にのみ、公開質問状を送付しました。

「日本の民主主義をより良くするために、
いま何が一番必要だと思いますか?」

という問いへの回答は、各候補に独自性があり、
非常に興味深いものになっています。
投票のご参考に、ぜひご覧ください。

また投票日当日になりますが、川崎で行われる会の総会と
イベント「高レベル放射性廃棄物と合意形成」について、
改めてご案内させていただきます。

イベントタイトルの「合意形成」には、高レベル廃棄物処理
について、如何に民主的に決定していけるのか?国民的な合意、
地域における合意を作っていけるのか?という問いが含まれて
います。これからの日本の民主主義を考えるためのヒントを、
模索していければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 衆議院議員選挙:公開質問状回答を公開しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
衆院選の候補者に「原発」国民投票に関する公開質問状を送付し、
その回答を当会のWebサイトに公表しています。

自民党9人、希望の党14人、公明党0人、共産党75人、
立憲民主党26人、維新の会2人、社民党12人、無所属5人の方から
回答をいただきました。

質問項目は以下の2つです。

[1]「原発」国民投票を実施するための手続法制定への賛否

[2] あなたは日本の民主主義をより良くするために、
いま何が一番必要だと思いますか?

回答は政党別にまとめています。
個々の詳細は、こちらをご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 10/22(日)午後:講演+ディスカッション (神奈川・川崎)
「高レベル放射性廃棄物と合意形成」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催日: 10月22日(日)14時(開場13時30分)~17時
会場: ミューザ川崎シンフォニーホール研修室(最寄:川崎駅)
資料代: 500円

講演1: 「高レベル放射性廃棄物処分と社会的意識決定:
「科学的特性マップ」の提示を受けて改めて考える」
・寿楽浩太さん(東京電機大学准教授、科学技術社会学)

講演2:「高レベル放射性廃棄物問題に翻弄された地域の経験~
幌延・岡山の事例から~」
・水藤周三さん(高木仁三郎市民科学基金事務局、
原子力市民委員会事務局)

ディスカッション:
杉田敦さん(政治学者、法政大学教授、当会顧問)
寿楽浩太さん、水藤周三さん

申込み方法などの詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 10/22(日)午前:みんなで決めよう「原発」国民投票
2017年度総会  (神奈川・川崎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記講演に先立ち、同じ場所で当会の2017年度総会を開催します。
議決権を持つのは会員のみですが、賛同人・一般の方も参加できます。

総会終了後、ジャーナリストの大芝健太郎さんから今まで取材された
国内の住民投票のお話を聴きます。

開催日: 10月22日(日)11時(開場10時30分)~12時30分
会場: ミューザ川崎シンフォニーホール研修室(最寄:川崎駅)

議案および内容は下記の通りです。
・報告事項:2016年度活動報告、会計報告、監査報告
・審議事項:2017年度活動方針案、予算案、度人事案
・国内の住民投票に関する報告:大芝健太郎さん(ジャーナリスト)

詳細はこちら

 

 

事務局からのお知らせ(2017-10A)

10月22日(日)、当会の2017年度総会と高レベル放射性廃棄物を
テーマとした講演+ディスカッションを神奈川県の川崎市内
で開催します。

企画したときは思いもよりませんでしたが、
突然の解散総選挙となり、選挙投票日と重なってしまいました。
みなさま、期日前投票もしくは当日投票をを済ませてから、
足を運んでいただけばと思います。

以下、3点お知らせです。

■Topics
□ 10/22(日)午後:講演+ディスカッション (神奈川・川崎)
「高レベル放射性廃棄物と合意形成」
□ 10/22(日)午前:みんなで決めよう「原発」国民投票
2017年度総会  (神奈川・川崎)
□ 衆議院議員選挙:公開質問状のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 10/22(日)午後:講演+ディスカッション (神奈川・川崎)
「高レベル放射性廃棄物と合意形成」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催日: 10月22日(日)14時(開場13時30分)~17時
会場: ミューザ川崎シンフォニーホール研修室(最寄:川崎駅)
資料代: 500円

原発稼働の是非を考える上で欠かせない問題であり、各地の対応
と社会的な合意形成のあり方が注目される高レベル放射性廃棄物
処分について、第一線で活躍されている科学技術社会学者の
寿楽さん、市民シンクタンクの活動から各地の状況に精通
されている水藤さんをお招きして、講演イベントを行います。
お二人の話をもとに、理解と議論を深めましょう。
ディスカッションには、当会顧問の杉田さんも参加します。

講演1: 「高レベル放射性廃棄物処分と社会的意識決定:
「科学的特性マップ」の提示を受けて改めて考える」
・寿楽浩太さん(東京電機大学准教授、科学技術社会学)

講演2:「高レベル放射性廃棄物問題に翻弄された地域の経験~
幌延・岡山の事例から~」
・水藤周三さん(高木仁三郎市民科学基金事務局、
原子力市民委員会事務局)

ディスカッション:
杉田敦さん(政治学者、法政大学教授、当会顧問)
寿楽浩太さん、水藤周三さん

申込み方法などの詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 10/22(日)午前:みんなで決めよう「原発」国民投票
2017年度総会  (神奈川・川崎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記講演に先立ち、同じ場所で当会の2017年度総会を開催します。
議決権を持つのは会員のみですが、賛同人・一般の方も参加できます。

総会終了後、ジャーナリストの大芝健太郎さんから今まで取材された
国内の住民投票のお話を聴きます。

開催日: 10月22日(日)11時(開場10時30分)~12時30分
会場: ミューザ川崎シンフォニーホール研修室(最寄:川崎駅)

議案および内容は下記の通りです。
・報告事項:2016年度活動報告、会計報告、監査報告
・審議事項:2017年度活動方針案、予算案、度人事案
・国内の住民投票に関する報告:大芝健太郎さん(ジャーナリスト)

詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 衆議院議員選挙:公開質問状のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
衆議院議員選挙の候補者に「原発」国民投票に関する公開質問状を
送付します。送付作業は告示後速やかに実施していき、締め切りの
17日(火)以降に回答を当サイトで公開します。

質問項目は以下の2つです。

[1] 原発稼働の是非を問う国民投票(以下、「原発」国民投票)を
実施するための手続法を制定することについて、
あなたは賛成ですか?反対ですか?

[2] 当会は「原発」国民投票の実施が、原発稼働の是非について
の国民的な議論を興し、私たちの主権者意識を高め、
日本の民主主義をより良くしていくと考えています。
あなたは日本の民主主義をより良くするために、いま何が一番
必要だと思いますか?自由に記述してください。

質問状のファイルはこちら

事務局からのお知らせ(2017-05A)

昨年の11月の実施に続き、5月21日にスイスでまた「原発」国民投票
が実施され、脱原発方針の維持が決定されました。

一方その翌日、日本では国民が原発政策の決定に直接的に関与
できない中、高浜原発4号機が約5年10か月ぶりに発送電を
開始しました。

エネルギー事情は国により大きく異なり、また政策の決定方法も
異なります。「原発からみる民主主義」第二回は、ドイツの事情
について、5/28(日)に大阪市内で開催します。
他国の事情を詳細に学び、そして日本の原発政策のあり方を考えて
行きたいと思います。ぜひ、連続講座にご参加ください。

以下、5点お知らせです。

■Topics
□ 5/21(日)、スイスで「原発」国民投票が実施され、
段階的脱原発の法案が可決しました。
□ (関西)連続講座「原発からみる民主主義」
5/28(日) 第2回・ドイツ 小野 一氏 開催のお知らせ
□ (千葉)6/3(土)市民の市民による市民のためのエネルギー講座・
実践編!映画「日本と再生」上映会+太陽光パネルと新電力の話
□ (関西)活動報告:4/23 連続講座第1回「スウェーデン」
□ (神奈川)活動報告:5/21 鎌人いち場にブースを出展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 5/21(日)、スイスで「原発」国民投票が実施され、
段階的脱原発の法案が可決しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年5月21日(日)、スイスで新エネルギー法の是非を問う国民投票
が行われ、賛成58.2%、反対41.8%で同法が可決されました。
投票率は、42.3%でした。

同法は昨年10月に連邦議会で可決されたものの、5万筆以上の署名
を提出すると議会で可決された法案を国民投票にかけることが
できるという制度に基づき、今回の国民投票が実施されました。

可決された新エネルギー法では、2050年までに再生可能エネルギー
の促進と省エネを進め、脱原発を実現することが掲げられています。

⇒ 詳しくはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (関西)連続講座「原発からみる民主主義」
5/28(日) 第2回・ドイツ 小野 一氏 開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連続講座「原発からみる民主主義」第2回「ドイツ」
~チェルノブイリと福島の事故をうけたヨーロッパ各国の選択~

1986年チェルノブイリ事故以降、脱原発を進めたドイツ。

メルケル首相により原発回帰路線を打ち出していましたが、
福島原発事故を受け再び脱原発政策へ180度転換します。
首相の決断と対応の早さは世界の注目を浴びました。

その背景には、脱原発に向けた長年の市民の動きがあったと
言われています。

民意の反映や尊重が、どのように今回の首相の決定に影響したのか、
民意のあり方について学びます。

5/28(日) 14~16時(開場13時半)
場所:SALTVALLEY(大阪市内)、500円(資料代)

講師:小野 一(工学院大学、政治学・国際関係論)
主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西

申込み方法などの詳細はこちら 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (千葉)6/3(土)市民の市民による市民のためのエネルギー講座・
実践編!映画「日本と再生」上映会+太陽光パネルと新電力の話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自然エネルギー、太陽光発電をテーマとした、みんなで決めよう
「原発」国民投票・千葉の共催イベントをご案内します。

日時:2017年6月3日(土)13:30~17:30、参加費:500円
会場:千葉市生涯学習センター・地下小ホール

主催:市民の市民による市民のためのエネルギー講座実行委員会
共催:みんなで決めよう「原発」国民投票・千葉

・第1部:映画上映「日本と再生」
・第2部:市民が”今”できることが分かる!
・第3部:市民のエネルギーアクションをシェア!

申込み方法などの詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (関西)活動報告:4/23 連続講座第1回「スウェーデン」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月23日(日)、龍谷大学法学部の渡辺博明教授(政治学)を講師に
迎え、連続講座「原発からみる民主主義」の第1回「スウェーデン」
編を大阪市内のクレオ大阪西で開催しました。

⇒ 連続講座 第1回「スウェーデン」ご報告はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (神奈川)活動報告:5/21 鎌人いち場にブースを出展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月21日(日)鎌倉海浜公園でのお祭り「鎌人いち場」に、
ブースを出展しました。

原発再稼働に賛成か反対か、原発国民投票に賛成か反対か、
という二つの質問を軸にしたシール投票を行いました。

⇒ 鎌人いちばのご報告はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票

HP http://kokumintohyo.com
ツイッター @genpatsuvote
FB https://www.facebook.com/kokumintohyo
メール  info@kokumintohyo.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事務局からのお知らせ(2017-04A)

関西で、ヨーロッパの原発事情についての連続講座を実施します。
スウェーデンを皮切りに、ドイツ、イタリア、フランスと続きます。
充実した内容になると思いますので、ぜひご参加ください。

以下、5点お知らせです。

■Topics
□ (関西)連続講座「原発からみる民主主義」が始まります。
 4/23(日) 第1回・スウェーデン 渡辺博明氏
□ (関西)5/14(日)「PEACE MARKETのせ」ブース出展のお知らせ
□ (神奈川)5/21(日)「鎌人いち場」ブース出展のお知らせ
□ 会報「ミント(MINT)」第8号発行のお知らせ
□ 2016年10月22日:拡大運営委員会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (関西)連続講座「原発からみる民主主義」が始まります。
4/23(日) 第1回・スウェーデン 渡辺博明氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連続講座「原発からみる民主主義」第1回「スウェーデン」
~チェルノブイリと福島の事故をうけたヨーロッパ各国の選択~

チェルノブイリや福島の事故をうけて、世界各国はどのような
選択をしているのだろうか。私たちがいますべきこととは、
なんだろう?

この連続企画では、書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方
をお迎えし、ヨーロッパ各国の事例について講演していただきます。

4/23 (日)14~16時(開場13時半)
クレオ大阪西 研修室、500円(資料代)

講師:渡辺博明(龍谷大学法学部教授・政治学)
主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西

申込み方法などの詳細は こちら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 5/21(日)「第16回鎌人いち場」ブース出展のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月21日(日)、鎌倉海浜公園で開催される「鎌人(かまんど)
いち場」に「原発」国民投票のブースを出店します。

アースディ東京のような楽しいイベントですので、鎌倉観光も
かねて立ち寄って頂けたらと思います。また、スタッフとして
参加できるという方は、下記メールアドレスまでご連絡ください。

info@kokumintohyo.com

「第16回鎌人いち場」の詳細は、こちら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ (関西)5/14(日)「PEACE MARKETのせ」ブース出展のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5/14(日)、大阪府内で開催される「PEACE MARKETのせ」に
「原発」国民投票のブースを出店します。

連続講座の広報と、署名集め、シール投票を行う予定です。
スタッフとして参加できるという方は、下記メールアドレスまで
ご連絡ください。

info@kokumintohyo.com

「PEACE MARKETのせ」の詳細は、こちら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 会報「ミント(MINT)」第8号発行のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員の皆様に会報「ミント(MINT)」8号を発送しました。

特集として、「原発事故から6年 自主避難者の今」と題して、
避難の協同センター事務局長の瀬戸大作氏へのインタビューを
掲載しています。

また、12月に開催されたシンポジウム「原発再稼働とデモクラシー
―熟議の必要性」の開催報告をまとめました。

Webサイトに会報のPDF版を掲載していますので、
ぜひご一読ください。

⇒ http://kokumintohyo.com/archives/11108

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 2016年10月22日:拡大運営委員会のご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月22日、東京・神保町の東京堂ホールで当会の
拡大運営委員会が開催されました。

活動報告、活動方針、会計報告、予算、議事録などを
Web上で公開しています。

⇒ http://kokumintohyo.com/archives/11088

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票

HP http://kokumintohyo.com
ツイッター @genpatsuvote
FB  https://www.facebook.com/kokumintohyo
メール  info@kokumintohyo.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事務局からのお知らせ(2016-10A)

10月22日(土)、みんなで決めよう「原発」国民投票の2016年度
の拡大運営委員会と原発避難をテーマとした講演イベントを東京
で開催します。

【開催日】10月22日(土)
【会 場】東京堂ホール
地下鉄「神保町」駅徒歩3分

【プログラム】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 第一部:拡大運営委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●11時(開場10時30分)~12時30分
●入場無料

昨年10月の総会で決定された規約の改正により、総会の開催を
2年に1回にすることが可能になりました。本年は、この変更に
より、総会を代替して拡大運営委員会を開催します。

2016年度の活動方針、予算などについて話し合い、決定して
いきます。運営委員の方以外の会員・賛同人・一般の方も傍聴、
発言していただくことができますので、多くの方にご参加
いただければと思います。

申し込みなど詳細は、こちらをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 第二部:講演イベント「福島第一原発 原発避難を考える(仮)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●14時(開場13時30分)~17時
●参加費:1000円
●講師:瀬戸大作(避難の協同センター事務局長)ほか1名交渉中

原発再稼働の動きの加速によって、情報開示や議論が進まなく
なっているトピックのひとつに「原発避難」があり、自主避難者
への住宅支援の打ち切りなども問題となっています。直接投票に
よって原発稼働の是非を考える場合にも、福島の事故に起因して
現在発生している避難の状況やその問題点を理解しておくことは
不可欠です。

当日は、原発事故避難者の支援を続け、7月12日に設立された
「避難の協同センター」の事務局長を務める瀬戸氏のご講演を
もとに、長期に渡る避難の現状と今後の対策、その対応について、
理解と議論を深めていきたいと思います。

申し込みなど詳細は、こちらをご覧ください。

(第二部も、当会の賛同人でない方でも参加可能です。
ご家族ご友人お誘いあわせの上、ご来場をお待ちしております)

事務局からのお知らせ(2016-07A)

7月10日、いよいよ参議院選挙が迫っています。
会では、国政選挙の際に、公開アンケートを候補者のみなさんに送付し、
回答をHPで公開してきました。

今回も、こちらのページで公開しています。
ぜひ、投票のご参考の一つとしてご確認くださいませ。
選挙区
比例区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年参議院議員選挙・公開アンケート
「原発」国民投票実施に賛成 もしくは
条件付き賛成の候補者リスト

●北海道 徳永 エリ(民進党)
●宮城県 桜井 充(民進党)
●福島県 増子 輝彦(民進党)
●東京都 小川 敏夫(民進党)
佐藤かおり(無所属)
増山 麗奈(社民党)
●神奈川県 真山 勇一(民進党)
森 ひでお(社民党)
●富山県 道用 悦子(無所属)※条件付き賛成
●愛知県 奥田 香代(減税日本)※条件付き賛成
●愛媛県 永江 孝子(無所属)※条件付き賛成

【比例】
<民進党>
大河原 まさこ・たしろ かおる・田中 なおき
<共産党>
よしまた洋・石山ひろゆき・にしざわ博・高橋わたる・山田かずお・みかじり亮子
<おおさか維新>
鈴木 望
<新党改革>
平山 誠・大坂 佳巨

※一部、事務所の住所がわからないという理由で
送付できていない候補者もいます。
※7月4日時点の情報です。今後回答が届きましたら、順次サイトにアップします。

2016年参院選立候補者への公開質問状の回答(比例区)

送付した公開質問状はこちらです。

この公開質問状は、みんなで決めよう「原発」国民投票が独自に宛先を調査して送付しています。比例区の候補者164人を当ページにリストアップし、そのうちこれまでに送付先の判明した144人に公開質問状を送付済みです(幸福実現党の候補は未調査)。

2016年7月8日(金)現在、42人の方から回答をいただいていいます。なお、回答は順次UPしておりますが、データ入力に若干のタイムラグがあります。ご了承ください。

選挙区については、選挙区候補の質問状回答をご覧ください。

*政党および候補者の並びは、順不同です。

比例区

自民党 | 民進党 | 公明党 | 共産党 | お維新 | 社民党
生活 | こころ | 新党改革 | 怒りの声 | 支持なし | 幸福 


比例区

自民党

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
阿達 雅志 自民党 どれでもない どれでもない 回答画像
宇都 隆史 自民党
片山 さつき 自民党
高階 恵美子 自民党
藤井 基之 自民党
堀内 恒夫 自民党
水落 敏栄 自民党
山谷 えり子 自民党
大江 康弘 自民党
畦元 将吾 自民党
足立 敏之 自民党
伊藤 ようすけ 自民党
今井 絵理子 自民党
小川 克巳 自民党
進藤 かねひこ 自民党
自見 はなこ 自民党
園田 修光 自民党
竹内 いさお 自民党
徳茂 雅之 自民党
中西 哲 自民党
藤木 眞也 自民党
増山 としかず 自民党
宮島 喜文 自民党
山田 宏 自民党
青山 繁晴 自民党 (未送付)

民進党

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
有田 芳生 民進党
石橋 みちひろ 民進党
えさき たかし 民進党
大河原 まさこ 民進党 賛成 参加したい 回答画像
小野 次郎 民進党
かまたに 一也 民進党
かわい たかのり 民進党
小林 正夫 民進党
しばた 巧 民進党
たしろ かおる 民進党 賛成 検討したい 回答画像
田中 なおき 民進党 賛成 参加したい 回答画像
とどろき 利治 民進党
なたにや 正義 民進党
なんば 奨二 民進党
西村 まさみ 民進党
白 しんくん 民進党
はまぐち 誠 民進党
藤川 しんいち 民進党
ふじすえ 健三 民進党
前田 たけし 民進党
もりや たかし 民進党
矢田 わか子 民進党

公明党

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
よこやま信一 公明党
長沢ひろあき 公明党
浜田まさよし 公明党
熊野せいし 公明党
谷あい正明 公明党
あきの公造 公明党
飯塚 栄治 公明党 (未送付)
栗岡 哲平 公明党 (未送付)
坂本 道応 公明党 (未送付)
佐藤 史成 公明党 (未送付)
高田 清久 公明党 (未送付)
高橋 秀明 公明党 (未送付)
竹内 真二 公明党 (未送付)
竹内 秀伸 公明党 (未送付)

共産党

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
市田忠義 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
田村智子 共産党 回答なし どれでもない 回答画像
大門みきし 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
いわぶち友 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
おくだ智子 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
椎葉かずゆき 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
たけだ良介 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
春名なおあき 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
いせだ良子 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
よしまた洋 共産党 賛成 参加したい 回答画像
藤本ゆり 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
吉田恭子 共産党
いわぶち彩子 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
石山ひろゆき 共産党 賛成 参加したい 回答画像
くまがい智 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
小池一徳 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
伊藤たつや 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
宮内げん 共産党
唐沢ちあき 共産党
にしざわ博 共産党 賛成 参加したい 回答画像
亀田りょうすけ 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
高橋わたる 共産党 賛成 参加したい 回答画像
山田かずお 共産党 賛成 参加したい 回答画像
高木光弘 共産党
かまい敏行 共産党
佐藤こうへい 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
和泉信丈 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
坂口多美子 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
植本かんじ 共産党
岡田正和 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
遠藤ひでかず 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
松田一志 共産党
小路貴之 共産党
みかじり亮子 共産党 賛成 検討したい 回答画像
ふるたみちよ 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
かみむら泰稔 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
原口敏彦 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
山下かい 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
松本隆 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
真栄里 保 共産党 どれでもない どれでもない 回答画像
益田 牧子 共産党
松山 恭子 共産党

お維新

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
石井 苗子 お維新
新渡 英夫 お維新
石井 章 お維新
宇佐美 孝二 お維新
梅村 聡 お維新
片山 虎之助 お維新
儀武 剛 お維新
串田 誠一 お維新
坂井 良和 お維新
島 聡 お維新
鈴木 宏治 お維新
鈴木 望 お維新 賛成 参加したい 回答画像
高橋 英明 お維新
中谷 裕之 お維新
樋口 俊一 お維新
三宅 博 お維新
矢野 よしあき お維新
渡辺 よしみ お維新

社民党

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
桝口 敏行 社民党
田山 英次 社民党 条件付き賛成 参加したい 回答画像
桂川  悟 社民党
伊藤 善規 社民党
椎野  隆 社民党
福島みずほ 社民党
吉田ただとも 社民党 どれでもない 検討したい 回答画像

怒りの声

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
小林 節 怒り
円 より子 怒り
橋本 勉 怒り
渡辺 良弘 怒り (未送付)
杉本 志乃 怒り (未送付)
吉田 晶子 怒り (未送付)
荒木 大樹 怒り
大西 さちえ 怒り (未送付)
立川 光昭 怒り (未送付)
平野 道子 怒り (未送付)

生活

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
青木  愛 生活
北出 美翔 生活
末次 精一 生活
姫井由美子 生活
日吉 雄太 生活 賛成 参加したい 回答画像

こころ

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
中山 なりあき こころ
西村 真悟 こころ
ボギーてどこん こころ
やすえくにお こころ
矢作 直樹 こころ

新党改革

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
荒井 広幸 新党改革
平山 誠 新党改革 賛成 参加したい 回答画像
朝倉 秀雄 新党改革 (未送付)
伊藤 淳子 新党改革
大坂 佳巨 新党改革 賛成 参加したい 回答画像
田中 大助 新党改革 (未送付)
福田 晃三 新党改革 (未送付)
藤岡 佳代子 新党改革 (未送付) どれでもない どれでもない 回答画像
山田 太郎 新党改革

支持なし

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
佐野 秀光 支持なし (未送付)
本藤 昭子 支持なし (未送付)

幸福

候補者名 政党 回答有無 問1:「原発」国民
投票への賛否
問2:議員連盟
参加の意思
コメント有無 回答の画像
釈  量子 幸福 (未送付)
七海ひろこ 幸福 (未送付)

事務局からのご案内(2016-05A)

 

熊本地震は、改めて日本が地震大国であることを
思い起こさせました。稼働している川内原発について、
その停止を求める声も挙がっています。

果たして被災地のこの状況で、原発災害があった場合に
避難計画が機能するのかどうか?政府機関でこのことが真剣に
議論されないことに、日本の原子力行政の大いなる欠陥があります。

避難計画は規制委員会の責任外であり、政府も責任を負いません。
また、策定を実施した自治体に、計画の実効性を検証して原発を
止めるかどうかの総合的な判断が、できるべくもありません。

原発をめぐる、日本の政治・行政の「無責任体質」は、
3.11から5年が経ったいまも、残念ながら続いているようです。

以下4点、お知らせいたします。

————————————–
■Topics
□ 「アースディ東京2016」で模擬「原発」国民投票を実施
□ 5/21(土)新宿で「原発」国民投票の説明会・座談会を行います
□ 5/22(日)鎌倉の「鎌人(かまんど)いちば」にブース出展します
□ 会報「ミント(MINT)」第6号発行のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 「アースディ東京2016」で模擬「原発」国民投票を実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月22日・23日の2日間にわたって代々木公園で開催された
「アースディ東京2016」にブースを出展しました。

本年は、メインの出し物として<模擬「原発」国民投票>を実施。
立ち寄っていただいた人たちに原発のメリット・デメリット
について考えてもらえるように工夫しました。

是非、詳細なレポートをご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 5/21(土)新宿で「原発」国民投票の説明会・座談会を行います
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月21日(土)15:40~都内の新宿コズミックセンターで
「原発」国民投票の説明会・座談会を行います。

アースデイ東京で行った模擬「原発」国民投票の結果も参照して、
原発の是非を考えるミニ・ワークショップも行います。

参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 5/22(日)鎌倉の「鎌人(かまんど)いちば」にブース出展します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月22日(日)、鎌倉市・由比ガ浜の海浜公園で開催される
「鎌人いちば」に「原発」国民投票のブースを出します。

食べ物あり、買い物あり、情報あり、音楽あり、そして近くには
海があり。初夏の鎌倉、海浜公園にぜひお越しください。

鎌人いちば公式HP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 会報「ミント(MINT)」第6号発行のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会報「ミント(MINT)」第6号をホームページに掲載しました。

今号の特集は、伊方原発稼働の賛否についての住民投票実施を
直接請求した八幡浜の運動についてです。応援レポート、
経緯の解説、議会陳述の要約など、充実した内容になりました。

 
・・・・・・