賛同人、署名者のみなさんへのご案内(2012-7D)

市民グループ【みんなで決めよう「原発」国民投票】
賛同人、署名者のみなさんへのご案内(2012-7D)
3件お届けします。
 
[1] 静岡、新潟での動き
・浜岡原発再稼働の是非を問う静岡県民投票の実施を求める
条例制定直接請求の署名数が、必要な法定署名数の2.7倍に
及ぶ178,240筆に達しました。請求者グループは、23日月曜
日にこれを選管に提出。8月中に本請求を行なうことは確定
的となりました。http://kenmintohyo.com/
・一方、新潟では現在、柏崎刈羽原発再稼働の是非を問う新
潟県民投票の実施を求める条例制定直接請求の署名収集が行
なわれていますが、受任者数、署名数共に低調なまま1か月
が過ぎ、今週から後半戦に突入しました。新潟に知人、友人
がいれば、ぜひ署名を勧めて下さい。http://ng311.info/
 
[2]7/30(月)開催の【みんなで話そう「原発」国民投票】
・[山本太郎 V.S 今井一&岩上安身]に加えて、政治学者の
杉田敦の登壇も決定しました。当日はIWJがこの催しを
ネットで生中継(チャンネル1で配信)しますので、ぜひ
ご覧ください。
*反原発派の「原発」国民投票に対する危惧・疑問につい
て山本太郎が語り、今井、杉田が応えます。
コーディネーターは岩上安身。
7月30日(月)17:30開場 18:00~20:20
定員:200名。※当日参加可能ですが、できれば予約を。
料金:500円
場所:YMCAアジア青少年センター(東京・水道橋)
http://kokumintohyo.com/archives/4826
 
[3]札幌、旭川でのセミナー
8月5日(日)6日(月)、泊原発を抱える北海道において
初の「原発」国民投票セミナーを開催します。
事務局長の今井一が講師として赴きます。
5日は札幌で、
14時半~17時/会場は「かでる2.7」
http://homepage.kaderu27.or.jp/
6日は旭川で、
18時~20時/会場は「カフェデマハール」
http://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1015784
 
※札幌の参加費は無料(※メール配信時より変更)。旭川は自分が飲んだコーヒー代のみ。
参加希望者は、できれば4日までに本会事務局にメールにて
ご連絡下さい。
 宛先(本会事務局):info@kokumintohyo.com
 メールタイトル:「札幌参加希望」「旭川参加希望」
 内容:人数、お名前、連絡先
また、できれば事前に『「原発」国民投票』
(集英社)を読んで勉強しておいてください。
アマゾン http://amzn.to/PihC4O
もしくは本会事務局に本はあります(送料無料)
 
★なお、「原発」国民投票法制定のための衆院選立候補予定者
への働きかけについては、次回、来月の「ご案内」で詳細を
お伝えします。

賛同人、署名者のみなさんへのご案内(2012-7C)

暑中お見舞い申し上げます。
いくつか、案内と報告をお届けします。
 
[1]明日18日午前9時~、参議院・社会保障と税の一体改革に関する特別
   委員会において櫻井充議員(民主党参院政審会長)が、野田首相 に対し、
   「再稼働の是非は国民投票にかけるべきではないか…」などと質問する
   予定です。ぜひご覧になってください。
   http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[2]7月30日(月)18:00~【みんなで話そう「原発」国民投票】開催。
   「原発」反対派の危惧・不安・疑問について俳優で本会賛同人の
   山本太郎が語り、みんなで意見交換をします。ぜひお越しください。
   会場:YMCAアジア青少年センターB1(東京)
   詳細はコチラ http://kokumintohyo.com/archives/4826
 
[3]9月29日(土)15時~ 詩人で本会の賛同人でもある谷川俊太郎さん
   をメインゲストに、他の著名な賛同人の方々もジョイントしての、
  【「原発」国民投票・秋まつり】を開催します。会場は[1]と同じ。
   他の出演者や内容など詳細については、8月上旬までにお知らせします。
 
[4]浜岡原発再稼働の是非を決める県民投票の実施をめざす静岡での法定
   署名の収集が終わりました。現地スタッフの中には、請求に必要な法
   定署名数の倍以上の署名を獲得したのではないかと言う人もいます。
   今週末までに提出署名数が明らかになります。
   http://kenmintohyo.com/
 
[5]柏崎刈羽原発再稼働の是非を決める県民投票の実施をめざす新潟での
   法定署名収集。開始から3週間が経過しました。14.15日には都民投
   票の精鋭11人が、運動に弾みをつけるべく東京から応援に入りました。
   資金不足、人手不足等々、順調に進展しているとは言い難い状況ですが、
   何とか踏ん張っています。お力添えを新潟の仲間たちに。
   http://ng311.info/

新潟駅前で署名収集の手伝いをする都民投票のメンバーたち。(7/15)

ご報告:さよなら原発10万人集会、ブース出展

本日7/16(月)代々木公園で行われた「さよなら原発10万人集会」で、国民投票のブース出展をさせて頂きました。
 
なんとイベント全体で17万人の動員を記録したそうです。
 
国民投票ブースも大勢の人で賑わい、頂いた署名数、実に1093筆。
 
道行くひとびとのあまりに関心の高さに、スタッフ一同、署名集めとチラシ配りに明け暮れました。
 


 
 スタッフのみなさん、猛暑と照りつける日差しのなか、お疲れ様でした。
 
 なおこの日午前中には、事務所にスウェーデンのドキュメンタリーチームが赤坂事務所に来訪。取材を受けました。
 
7月16日午前、スウェーデンのドキュメンタリーチームと。赤坂事務所にて。

 今回のブース出展では、国民投票への賛否を問うシール投票をやってみました。

①国民投票をやりたい 497
②まだ時期ではない 15
③やりたくない 7
 

 
反原発や脱原発の方のなかには、国民投票に懐疑的な意見の方も多いと感じていたので、この結果は意外でした。
 
政府の対応への反発が強まり、国民投票しかないという機運が増してきているのでしょうか?
 
イベント終了後、「原発」国民投票 賛同人で元東芝技術者の後藤政志さんが顔を出してくださいました。
 
後藤さんは、次回の公開討論会(日程未定ですが8月開催を目指しています)への登壇を快諾して下さっています。
 
ありがたいですね。 みんなでパチリ。

PRブース前、賛同人の後藤政志さんを囲んで。

2012年7月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

鹿児島県知事選挙の結果を受けて

鹿児島知事選で伊藤氏3選、反原発の新人破る
 
 鹿児島知事選の結果を受け、当会の見解を示します。
 
 7月8日に投開票された鹿児島県知事選挙で、原発容認派の現職候補である伊藤祐一郎氏が、原発反対派の向原祥隆氏を破って当選しました。この結果を受けて、「鹿児島県人は原発容認を選択した」と考える人がいるようですが、それは正確な認識ではありません。…
 
続きはこちら(pdf 85KB)

2012年7月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

7/30(月) [山本太郎,福士敬子 V.S 杉田敦,今井一 登壇!]">7/30(月) [山本太郎,福士敬子 V.S 杉田敦,今井一 登壇!]

【みんなで話そう「原発」国民投票】──「原発」反対派の「原発」国民投票に対する危惧・不安・疑問について山本太郎福士敬子が問い、杉田敦今井一が応じます。コーディネーターは岩上安身

7月30日(月)17:30開場 18:00~20:20
定員:200名
料金:500円
場所:YMCAアジア青少年センタースペースY(東京・水道橋)[地図

出演:
山本太郎(俳優)
岩上安身(ジャーナリスト、IWJ代表)
杉田 敦(政治学者、法政大学教授)
福士 敬子(都議会議員)
今井 一(ジャーナリスト、みんなで決めよう「原発」国民投票事務局長)

 

「原発」をどうするのかをきっちり決めないといけないけれど、
鹿児島県知事選挙を見てもわかるように、選挙ではちゃんと民意が反映されない。
きっとそれは今度の国政選挙でも同じで、
「原発」容認・推進派が多数を占めるに違いない。
イタリアの国民投票、巻町、海山町の住民投票では、
(選挙では負けている)「原発」反対派が圧勝。
だから日本でも「原発」国民投票をすればいい
──そうは言っても、いろんな不安や疑問が…。
議論が深まっていない日本では時期尚早では?
設問次第でおかしな国民投票になってしまうのでは?

そんなふうに考えている「反対派」のみなさんとの
意見交換の場にすべく、このイベントを立ち上げました。

会場では登壇者の白熱した議論が行われ、
会場からも熱心に質問や意見が寄せられ、関心の高さがうかがわれました。

参加者には赤・青・黄、3色の色紙
(それぞれ「原発」国民投票に反対・賛成・わからない)が配られ、
討論会の前と後に掲げていただくという趣向も。
最初は黄色を掲げ、終わりには青に変わったという人もいたようです。

 

 

 

 

 

2012年7月11日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:ニュース

賛同人、署名者のみなさんへのご案内(2012-7B)

賛同人、署名者のみなさん、こんにちは。
事務局長の今井一です。
 
[1]本会賛同人の浅田次郎さん(作家、日本ペンクラブ会長)が、
「原発」や国民投票について思いの丈を語っています。実に興味深
い内容に。ぜひ御一読ください。本日午前10時に、カタログハウス
のウェブサイトにアップされます。
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/genpatsu/asada/01/ (聞き手は今井)
 
[2]「原発」静岡県民投票 http://kenmintohyo.com/ の署名収集は、
明日で終了。請求に必要な法定数6万2千筆を大きく突破する模様
です。「原発」新潟県民投票 http://ng311.info/ の署名収集は、前半
18日を終え、ようやく県内での認知が広がりつつあります。
都民投票を担ったメンバー11人が、14,15日に柏崎刈羽原発を視察
したあと、長岡市と新潟市において署名収集の応援に入ります。
自分は応援に行けないけどカンパしてあげるという方は、こちらに
よろしくお願いします⇒
http://kokumintohyo.com/archives/2133
 
[3]これまで北海道でのセミナーを一度も開催していませんでし
たが、8月5日に札幌、6日には旭川で開催します。小樽など他の
街でも開催を希望される方があれば、ご連絡ください。7日,8日の
開催で検討します。

事務所に豊竹英大夫さん来る!

 今日は赤坂事務所に文楽の豊竹英大夫師匠がいらっしゃいました。
 
 豊竹英大夫師匠は大阪市の「原発」市民投票の請求代表者もつとめられ、市議会本会議では意見陳述もされています。
そのときの模様
 
 先日は官邸前のデモに参加されたそうです。
 今日は永田町でばったり今井さんと会い、一度事務所を見てみたいとのことでご訪問でした。
 賛同人にもなって頂きました。早速今井さんがカンパをお願いし、その場で頂戴しました。

今井事務局長(左)と文楽の豊竹英大夫師匠。賛同人にもなっていただきました。

「読み物編集部」「新潟応援ツアー」などのご案内

「読み物編集部」「新潟応援ツアー」などのご案内(2012-7A)

賛同人、署名者のみなさん、こんにちは。

[1]関西電力は今夜、大飯原発3号機の再稼働に向けて原子炉を起動します。これは民主党・野田政権が再稼働を決定し指示したことによるものですが、この間の「再稼働」をめぐる彼らの動きは、〈国家意思の実質的な決定権は主権者が有する〉という国民主権の原則を無視するものです。私たちは、再稼働に賛成・反対どちらかの立場からではなく、そうした観点から今回の決定に異議を申し立てると同時に、改めて、政府や立法府、国民に対して「原発」国民投票の道
理を主張し広めていく所存です。

[2]ウェブサイト(ホームページ)をより魅力的なものにすべく、先週「読み物編集部」をつくりました。初代編集長はこれを本業とする事務局長(今井一)自らが務め、すでに神奈川、埼玉、東京など7人の賛同人が部員になりました。
編集部の目的は、浅田次郎さん藤原新也さん森まゆみさんら、私たちの会が誇る著名な賛同人をより「有効活用」させていただくなどして、もっと魅力的でもっとアクセスしたくなる「コンテンツ」をたくさん掲載することです。
みなさんの中で、自分も編集部員になりたい、協力したいという方は、(編集長にいろいろ厳しい注文を出されたり、叱られたりすること覚悟の上で)事務局に申し込んでください。本会には、本業としてこの手の仕事に携わっている方が数十人いますし、大いに期待しています。
なお、一回目の編集会議を7月8日(日)11時~14時まで赤坂事務所にて開きます。出席可能な部員希望者はぜひお越しください。交通費は上限1000円まで支給します(往復/要領収書)。

[3]「原発」県民投票実施のための署名収集を始めた新潟県へ応援に入ります。14(土)15(日)の2日間、車で各地を。新宿(集合)⇒柏崎刈羽原発⇒長岡市⇒関川村泊⇒新潟市⇒新宿(解散)。参加費・交通費は会が負担しますから無料ですが、関川村での宿代・飲食代は自己負担です。参加希望者は7日(土)までにメールで事務局に申し込んでください。但し、24人になり次第受付終了とします。なお、自分は行けないけどカンパしてあげるという方は、こちらによろしくお願いします⇒
http://kokumintohyo.com/archives/2133