会員・賛同人からのメッセージ集(2014年8月分)

(会としては 原発「反対」または「賛成」を打ち出してはいません。

賛同人個々人が、それぞれの思いを抱いて運動に参加しています)

新しく会員登録・賛同人登録された方々から メッセージをいただいています。

一部ご紹介させていただきます。

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TV局で記者をしています。大本営発表としかいえないような仕事しかできていないのかもしれません。
しかし、中にいることでしか出来ないこともあると信じて‥。いい未来を思う気持ちに共感します。
(Mさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真の民主主義(主権在民)を日本に根付かせるために、
民主主義などはただ世界を支配するための道具であると嘯き、
この世の政治と金融を好きなように動かし、世界中の我々民草から搾取三昧、
奴隷に貶めている国際寡頭勢力(金融屋+戦争屋)の鼻をあかすための第一歩として、
断固この運動を支持します。
一銭のの蓄えもない年金生活者なので、カンパなど出来ませんが、
ボランティアなど努めて参加させて貰えればと思います。孫子の為に。
(愛知県・Oさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発問題も集団的自衛権問題も憲法改定問題も、重要な施策はすべて国民投票で決定すべきです。
(東京都・Tさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的には原発Noです。将来の長きにわたって負債を押し付ける原発のあり方には賛同できません。
ただし、廃炉にする場合のコストの問題などがあり、今後については国民が直接判断すべきだと思います。
国民投票実現に向けて頑張りましょう。
(神奈川県・Tさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脱原発!!核のゴミを子どもたちに背負わさない。福島第一原発事故の真摯な反省と科学的な分析を
(山口県・Nさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この会を知ったことがきっかけで、原発都民投票の運動に関わり、そこで知り合った地域の方々と活動を続けています。
つまりこの会が原点で、今の私があるわけです。
民意とかけ離れた方向に進んでいる「原発」同様に、「秘密保護法」「集団的自衛権」と独裁的な色を濃くする政権に対して、危機感を持って、あきらめずに行動している人は多いと思います。
自分の問題として真剣に考えて、一票を投じることの重要性が、今ほど必要な時はありませんね。
地元の活動で手いっぱいな状況ですが、会の存在は励みになります。
今後ともよろしくお願い致します。
(東京都・Sさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年齢は88歳ですので何もお手伝いできませんが,よろしく、
(和歌山県・Tさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても大事なことです。国民のひとりひとりの意思表示が当然と思います
(東京都・Tさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

賛同人のみなさま、メッセージをありがとうございます!

■会員募集のお知らせ

会員募集のご案内

■賛同人申し込みフォームはこちらです

申し込みフォーム

スコットランド独立住民投票 現地レポート第2回

(スコットランド、大芝健太郎 2014年9月23日)

日本でもスコットランドの様子が大きく取り上げられているそうだが、ご存知の通り独立反対が過半数を超え、スコットランドはイギリスに留まる事が決まった。今回は、その結果を詳しく見て行きたい。

投票所の前の人々

投票所の前の人々

投票をする瞬間

投票をする瞬間

○投票日
2014年9月18日(木)

○設問
「Should Scotland be an independent country?(スコットランドは独立するべきですか?)」

○開票結果
賛成 1,617,989(44.7%)
反対 2,001,926(55.3%)
投票率 84.5%
32地域のうち賛成が上回った地域は4地域。

投票後の調査をベースにした考察

まず、調査会社「LORDASHCROFT」が実施した投票直後の調査を元に、考察をしてみよう。

○投票理由
賛成に投じた主な理由
「イギリス中央政府への不満」74%。

反対に投じた主な理由
「ポンドが使えるかどうか不確実」57%。

両者に共通の投票理由
「National Health Service(国民保険サービス)」と呼ばれる、収入に関わらず医療が受けられる仕組み。45%
賛成派は「独立しなければ維持する事はできない」
反対派は「独立したら維持できない」と主張していた。

○投票傾向
●「男性は賛成、女性は反対」
男性 賛成47% 反対53%
女性 賛成44% 反対56% 

男性に比べて、女性は不確実な未来を選択することには消極的。これは他の独立を求めているカナダのケベック州や、スペインのカタルーニャでも同様の傾向がある。

●「若者は賛成、お年寄りは反対」
年代別賛成率
16,17歳 71%
18-24歳 48%
25-34歳 59%
35-44歳 53%
45-54歳 52%
55-64歳 43%
65歳 27%

若者の賛成理由はイギリス中央政府への不満など、いろいろあるが、とにかく現状の変化を望んでおり、お年寄りはそれを望んでないという結果が明確に現れていると考えられる。この結果を見ると、次の世代でまた今回のような住民投票が起こったら独立が現実化するとも見る事ができるが、若い時は賛成でも年を取るにつれ、独立反対になるのかもしれない。18-24歳で賛成の割合が落ち込んでいるのは「独立した後も仕事がきちんと続けられるのか不安」という理由からだと考えられる。

●「低所得者層は賛成、富裕層は反対」
賛成派の勝利した4つの地域はいずれも低所得者層がスコットランド平均よりも多く、また失業率も高い地域だった。スコットランドではワーキングシェアなどを実施しており、現在の失業率はイギリス4カ国で一番低くなっている。また独立白書によるとイギリスは32のOECD加盟国の内、格差が大きい国で7番目に位置しているので、これを是正していくというのが、独立の公約の一つだった。一方、富裕層は新たな負担が増える事を懸念して反対に投じている。

○次に独立住民投票をやるのはいつ?

5年後    31%
10年後  17%
次の世代  24%
もうしない 19%
わからない 9%

独立賛成派の人だけで見ると、5年後にもまたやりたいという人が45%もいる。まだ、結果に納得できず、バッジなどを付けて自己主張を続けている人もいるが、早期実現は難しいだろう。一方、独立反対派の中では「もう二度とやらない」と答えた人が25%にも上っている。

日本で報じられているのは主に「民族主義の高揚」と「経済的な先行きの不安」ではないだろうか。これは確かに今回の住民投票の一部を表しているが、それだけではない。前回も伝えてきたが、これは独立賛成派による民主主義運動なのだ。今回の住民投票で独立賛成に投票した人のうち、実に74%がその理由に「イギリス中央政府への不満」(Disaffection with Westminster politics)をあげている。前回の投稿でも少し書いたが「スコットランドの民意がイギリス中央政府に反映されていない」と言う問題がある。イギリス議会(庶民院)の定員650人のうち、現在スコットランド選出の議員は59人しかいない。しかもそのうち保守党は1人しかいないのに、イギリス議会では保守党が与党を担っていて、スコットランドの民意と中央政府とのねじれが頻繁に起こってしまっているのだ。

スコットランド在住の人たちの生の声

ここで投票を終えたスコットランド在住の人たちの生の声を紹介したい。

賛成派

Eilidh Mitchell エイリー ミッチェル さん(22)は住民投票が決まってからずっと独立賛成の立場を主張してきた。「イギリス中央議会中心の政策決定にみんな変化を望んでいる。これはスコットランドだけではない、他のウェールズや、北アイルランドにも言えること。中央議会に軽視されている状況をどうにかしたいと思っているが、スコットランド国民は独立反対を選んだ。この国民の選択の結果は認めなければならないが、キャメロン首相達が投票直前に『権限委譲を進める』という公約はきちんと守らせるようにしなければならない」と話す。投票が終わっても独立賛成を示すバッジがバッグに光っていた。 Eilidh Mitchell
Mike Lavin マイク ラヴィンさん(45)も独立賛成に投じた。「結果はNOを選んだ人の方が多かったことが残念で仕方がない。でもこれがスコットランド人の多数の意見だから認めるしかない。」これからスコットランドは良くなると思いますか?と言う質問には「大幅な権限委譲(Devolution Max)の実現は難しいので、これから先スコットランドが良くなるとは思わないけれど、来年2015年のイギリス議会選挙では変わるかもしれない」 Mike Lavin

反対派

お子さんを連れて公園に来ていたDorota ドロータさん(30)に話を伺った。彼女はポーランド人だが、EU加盟国のスコットランド居住者には投票権がある。「私は独立反対に投票したので、結果を見て安心しました。でも独立に賛成の人も多かったし、投票率も高かったから、この住民投票はイングランドへの影響がとても大きいはず。これからはスコットランドは少しずつ良くなると思う。権限委譲が行われて今より、強い国になると思う」 Dorota
ベンチに座って二人でお菓子を食べているところに声をかけさせてもらった。
Edward(24)エドワードさんとAshleigh (24) アシュレイさん
「独立反対に投票した。理由はEUにも入れない可能性があるし、イングランドからの交付金がなければスコットランドは財政的にやっていけなくなってしまう。とにかく反対派が多数になって安心している。賛成派の中にはとても怒っている人もいるし、かなり悲しんでいる人もいるけれど、とりあえず20年間はこのような独立の心配はないと思う。権限委譲も一ヶ月くらい様子を見てみないと、まだどうなるかわからない」
Edward_Ashleigh

   
このように、みんな「権限委譲」のことを気にしている。今は教育、観光、一部の課税権などの権利は既に委譲されているが、軍事、外交、エネルギーなどについては認められていない。「自分たちの国の大切なことでさえ、スコットランドの声はきちんと届くことがなく、イングランド中心のイギリス議会に決められてしまう」。このことが終始一貫して一番のテーマなのだ。そもそも、この住民投票を主導してきたスコットランド国民党は3択をキャメロン首相に提案していた、すなわち「独立」「大幅な権限委譲」「このまま」で住民投票が行われる可能性があったのだ。しかし、キャメロン首相は大幅な権限委譲になることを恐れ「独立」という極端な選択をスコットランド人はしないと高をくくり2択で合意した。しかし、予想以上の独立賛成派の急進に焦ったキャメロン首相は「独立に反対すれば、大幅な権限委譲を約束する」と発言した。それにより、独立をしなくても権限委譲が行われれば十分だという層が「NO」に回ったことも独立反対派の勝因の一つになっている。そのため、この公約が守られるかどうかというのに、みんな敏感なのだ。

今、スコットランド国民の関心は「独立するか、しないか」ではなく「権限委譲がどの程度行われるか」にシフトしている。

<<第1回 | 第3回>>


筆者プロフィール
大芝健太郎(27)旅するジャーナリスト
スイス、リトアニア、ブルガリアなど、ドイツを中心にヨーロッパの住民投票・国民投票を現地取材。「原発」国民投票賛同人。
Blog: http://shibaken612.blogspot.com

スコットランド独立住民投票 現地レポート第1回

(スコットランド、大芝健太郎 2014年9月17日)

投票二日前、スコットランド最大の都市グラスゴウのジョージスクエアにて、独立賛成派集会

投票二日前、スコットランド最大の都市グラスゴウのジョージスクエアにて、独立賛成派集会

9月18日にスコットランドでイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)からの独立を問う住民投票が行われる。

スコットランドは1707年よりイギリスの構成国の一つとなった。しかし、1997年の住民投票を受けて翌年に設立されたスコットランド議会では、独立を党是とするスコットランド国民党が議席を増やし、2011年には単独過半数を獲得。2012年には「独立」住民投票をイギリス首相にも認めさせて今回の住民投票が決まった。

ここ一週間の世論調査では賛成派、反対派の支持が大変拮抗しており、どちらが勝つにしてもその差は僅かになることが予想されている。最新の世論調査ではどこのものかによって若干ばらつきがあるが、賛成派が48%、反対派が52%だ。

ここで、両派の主な独立に関する主張を紹介したい。

独立支持派の主な意見

  • スコットランドの民意がイギリス中央政府に反映されていない
    現在スコットランド選出の議員59人のうち保守党は1人しかいないのに、イギリス議会では保守党が与党を担っている。このようなスコットランドの民意と中央政府とのねじれが頻繁に起こってしまっている。
  • スコットランド沖にある北海油田の利益が中央政府に吸い取られてしまっている
    北海油田の利益がスコットランドに直接得られることで、少なくとも今よりは豊かになると主張している。
  • スコットランドに核兵器を置いておきたくない
    スコットランド最大の都市グラスゴウから16kmほどしか離れていないところに、イギリス軍の原子力潜水艦などの核兵器が配備されており、住民は不安な日々を送らされている。
  • 私はスコットランド人であって、イギリス人ではない
    スコットランド国民党は、この民族主義的な理由を公の場で発言することはない。しかし、支持者の中には、こういった理由で独立したいと考えている人も少なくない。
  • 独立反対派の主な意見

  • 今まで通りポンドを使えるかどうかわからない
    独立賛成派はポンドを使うと主張しているが、イギリス中央政府は「イギリスから抜けるということは、ポンドからも抜けることだ」と主張している。実際に交渉が始まるのは独立賛成派が住民投票で上回ってからになる。
  • 経済が悪化する
    スコットランドで営業している企業のうち「独立するならばスコットランドから撤退する」という企業もある。そのため、今までと同じレベルの社会保障(年金や国民健康保険)を維持するためには税金の値上げをしなければならないだろうと心配している人もいる。
  • EUに加盟できるかわからない
    もし、イギリスから離脱してEUにも入れないとなれば、世界から孤立してしまう可能性を心配している人もいる。
  • イギリス政府が大幅な自治権の譲渡を検討している
    独立しなくても、今まで以上にスコットランドに権限が与えられるなら、わざわざリスクの高い選択をする必要はない。このように少しずつ、権利を手に入れていけばいい。
  • 思い描いていたとおりの住民投票

    投票日を二日前に控えて、世論調査でも賛否がかなり拮抗しているのだが、暴力やテロなど、きな臭い事件が起きているという話はほとんど聞かない。それはなぜなのだろうか。

    路上で賛成派と反対派の人たちが議論をしている。それを周りで聞く聴衆も増えていく

    僕は理由は二つあると考えている。

    まず、一つ目はこの住民投票では両派が自由に活動することができるからだ。弾圧や報道規制などがあれば、抑制された方は暴発するしかない。口を塞がれれば手が出てしまうというのは、ある意味仕方がないかもしれない。しかし今回のキャンペーンでは、互いに活発に意見や情報を出し合うことができている。

    そして、二つ目の理由はこの住民投票を推進しているスコットランド国民党が「民主主義」を求めて独立運動を行っているからだ。上記の独立賛成の意見でも紹介したが、スコットランドのイギリス政府への影響力はとても小さいため、民意が反映されないことが多い。民主主義は暴力などでは得ることはできない。

    独立賛成派のマシューさんはこう話す。「私たちが求めているのは、分離や排除によって得られる独立ではない。通常18歳からの選挙権を拡大して16歳からにしたりしている。スコットランドはEUに入って移民も受け入れようとしていますが、逆にイギリスはEUから抜け出そうとしています。これはそんな『ウェストミンスター(イギリス議会)からの独立』なのだ。つまりウェストミンスターに支配されたままでいるのか、それとも本当の民主主義を市民が望むのかどうか。私たち独立賛成派は今、巨大な力の前に立ちはだかっている、彼らは圧倒的な資本を持ち、政治を支配し、メディアをコントロールしている。それに対して私たちは自分のコミュニティーを信じて、地域の資源を活かして、豊かな家族も貧しい家族も等しく平等な機会が与えられる社会の実現を目指している。これはスコットランドだけの運動ではない。西欧諸国、いや全世界の欲深い、道徳心のない権力者の支配から、民主主義を取り戻す革命なのだ」

    独立賛成の意思表示をする少女達。年齢を聞いたらなんとみんな14歳

     
    この住民投票によって市民の政治参加意識を高められているということもわかる。スコットランド人女性のエリーさんは「こんなに自分の一票に力を感じたことはない。実は選挙の投票に行ったことは1回もないのだけれど、今回は投票しようと思っている」と話す。

    また、公園で声をかけた若い女の子達はなんと14歳だったのだが「学校でも周りの人達と独立をどうするかについて話をしている」のだそうだ。その傾向は誰に聞いても変わらない。また違う人たちに「日本では政治について話すことがあまりないのですが、どうして皆さんは独立や政治について話すんですか?」と聞くと「だって、みんな共通の話題でしょ?」と、事もなげに応えた。

    こんなに盛り上がっている住民投票は初めて。
    そして、これが僕の思い描いていた住民投票であった。

    これまでリトアニア、ブルガリア、ドイツ、スイスなどの住民投票、国民投票の現地取材を続けてきたが、これほどまでに活気のある住民投票はなかった。街中で見られる賛成、反対の意思表示を示すステッカー。賛成派も反対派も(特に賛成派だが)自分の意見を表現することを、どこか誇らしく楽しんでいるように感じる。窓などに飾るポスター。胸に光るバッチ。連日賑わう紙面。週末の公園では両派が机やテントを出してお互いの情報を発信している。そこで議論が生まれたりもする。印象的だったのは賛成派の人たちと、反対派の人たちがすれ違うとき、にこやかにお互いにチラシを交換していたことだ。

    日本でもいずれ、「原発」や「憲法」についての国民投票が行われるときが必ず来る。その時にはこのスコットランドの住民投票が国もテーマも違うが、大変参考になるだろう。構図は一緒なのだ。圧倒的な資金力とメディアへの影響力に対抗するには、市民の確かな情報ときちんとした議論、意見の違いなどを排除するのではなく、共に未来を歩むパートナーとして考えていく姿勢が大切なのだと改めて感じた。

    投票日はとうとう明日に迫っている。

    第2回>>


    筆者プロフィール
    大芝健太郎(27)旅するジャーナリスト
    スイス、リトアニア、ブルガリアなど、ドイツを中心にヨーロッパの住民投票・国民投票を現地取材。「原発」国民投票賛同人。
    Blog: http://shibaken612.blogspot.com

    賛同人・署名していただいた方へご案内(2014-09A)

    原子力規制委員会が10日、川内原発の安全対策が新規制基準を

    満たしているとの審査書を正式に了承しました。

    再稼働に向けた安全審査の初めての合格となります。
    しかし、地元では、
    薩摩川内市内の自治会からも再稼働反対の陳情書が出され、
    再稼働へのアンケートも複数の地域で行われています。
    しっかりと住民の意思を表明するためにも、アンケートではなく、
    住民投票も視野に入れるべき事態ではないでしょうか。

    さて、みんなで決めよう「原発」国民投票の事務局から、
    以下8点お知らせです。

    —————————————————————–
    ■Topics
    □ 10/18(土)午後 トーク&ワークショップ「どうする、原発」
    □ 10/18(土)午前 総会の開催
    □ 2014年度活動方針(案)パブコメ募集
    □ 各地のイベントのお知らせ
    ◆原発埼玉県民投票キックオフ集会が開催されます(埼玉)
    ◆第10回ゴール講座 「市民の、市民による、市民のための
    エネルギー講座」 開催!(千葉)
    ◆西野ひかるさんお話し会「間近に原発のある暮らし」(関西)
    □ 報告:スコットランド住民投票取材のファンドが成立しました
    □ 映画を2つご紹介
    ◆『NO』
    ◆『プロミストランド』
    □ 会員募集のご案内
    □ 2014年7月31日現在の署名数・賛同人数
    —————————————————————–

    ■Topics
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □10/18(土)午後 トーク&ワークショップ「どうする、原発」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2014年10月18日(土)午後、東京のオリンピックセンターにて、
    参加型イベント<「どうする、原発」二人のゲストを招いて、
    異なる意見を聞く・話す・考える230分>を開催します。

    話を聞くだけではなく、ワークショップの時間を持ち、参加者が
    主体的に考え、発言する機会を設けます。ぜひご参加を!

    ●プログラム
    ・講演「原発ゼロで日本経済は再生する」
    吉原 毅(城南信用金庫理事長)
    ・講演「リアルでポジティブな原発のたたみ方」
    橘川 武郎(一橋大学大学院教授)
    ・ワークショップ「どうする、原発」
    ●日時:10月18日(土) 開場14:00 開演14:30 終了予定18:20
    ●会場:国立オリンピック記念青少年総合センター (交通案内)
    国際交流棟 第1ミーティングルーム

    詳細は当会HPをご覧ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □10/18(土)午前 総会の開催
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    10月18日(土)午前、「どうする、原発」の前に同じ場所で
    当会の総会を行います。(11時開始を予定しています)

    総会の議案は、会の運動方針・規約改定案などを予定しています。
    議決権のある会員の方には、ご案内&委任状をお送りします。
    賛同人および一般の方も参加していただけます。ただし、
    会員以外に議決権はありません。

    また、総会での発言機会は、会員、賛同人、一般の順に付与
    しますので、ご理解ください。ぜひ、ご参加くださいませ。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □2014年度活動方針(案)パブコメ募集
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2014年度の活動方針案がまとまりました。これは、10月18日(土)
    に実施する総会の議案となるもので、これより9月30日(火)まで、
    賛同人・会員の皆さんから意見(パブリックコメント)を募集します。

    詳細は、こちらをご覧ください。

    □各地のイベントのお知らせ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆原発埼玉県民投票キック・オフ集会が開催されます(埼玉)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    埼玉での原発の是非を問う県民投票条例制定を求める直接請求
    署名運動キック・オフ集会 が開催されます。
    記念講演として、当会の賛同人でもあります、城南信用金庫理事長
    の吉原毅氏が登壇されます。

    記念講演「原発と自己決定」
    講師:吉原毅氏(城南信用金庫理事長)
    日時:2014年9月20日(土)開場18:00 開演18:30
    会場:浦和コミュニティセンター第15集会室
    参加費:500円
    詳細は「原発埼玉県民投票準備会」のHPをご覧下さい。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆第10回ゴール講座
    「市民の、市民による、市民のためのエネルギー講座」 開催!(千葉)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【講座】いま、市民にできること ! !
    講師:飯田 哲也(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長)
    日時:2014年9月20日(土)
    開場:13:00- 開演:13:30 終了予定:17:30
    場所:千葉大学工学部15号棟110番講義室(15号棟1階)
    (千葉大学西千葉キャンパス構内)
    参加費用:500円(資料代)
    詳細は「市民の、市民による、市民のためのエネルギー講座」のHP
    をご覧下さい。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆西野ひかるさんお話し会「間近に原発のある暮らし」(関西)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    日時:2014年9月28日(日)13:30~16:30
    場所:(奈良県)王寺町地域交流センターフリールーム3
    無料(カンパ歓迎!)
    主催:さよなら原発北葛の会/みんなで決めよう「原発」国民投票・関西
    詳細は、関西のHPをご覧下さい。

    —————————————————–
    西野ひかるさんの柏崎報告(12月ゆめわかカフェレポート)

    ※大変素晴らしい報告です。ぜひご覧ください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □報告:スコットランド住民投票取材のファンドが成立しました
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    当会賛同人の大芝健太郎さんによるスコットランド住民投票取材の
    ためのクラウドファンディングへの協力を前回の一斉メールで
    呼びかけしましたが、多くの皆様の情報拡散とご支援により、
    目標金額の40万円に達し、プロジェクトが成立しました。

    大芝さんが、ご協力くださったみなさまへのお礼のメッセージを
    「Ready for?」とブログに載せておられます。

    9月13日、大芝さんはスコットランドに向けて無事出立され、
    現地で取材を始めています。当会HPにも現地から報告分を寄稿
    していただく予定ですので、お楽しみに!

    ブログ
    クラウドファンディング募集サイト

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □映画を2つご紹介
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆『NO』
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    若き広告マンが恐怖政治に挑む命がけのキャンペーン!
    これは、選挙キャンペーンによって”革命”を起こした、実話をもと
    にした真実の物語。「1988年、南米チリーー長期軍事独裁への
    国際的非難が強まる中、 ピノチェト政権の信任を問う”国民投票”
    が行われることに…。

    投票日までの27日間、反対派「NO」陣営に許されたのは、15分枠の
    ”TVコマーシャル” だけだった」
    “勇気を持てば、道は開ける” ぜひご覧いただきたい映画です。

    映画『NO』公式サイト

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆『プロミストランド』
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    原発とは直接関係ありませんが、米国のエネルギー最前線、
    シェールガス開発に絡んで、ガス開発会社と地元住民、環境保護
    団体の駆け引きが大変興味深い映画です。

    最後は住民投票で決める。米国では住民投票はあまりにあたりまえ
    すぎて映画の風景の一部になっています。

    映画『プロミストランド』公式サイト

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □会員募集
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨年から当会では会員制度を始めました。
    2014年9月末期限の方に、メール便で継続のご案内を
    送らせていただきます。
    年会費3000円のお振込をお願い申し上げます。
    随時新規会員も募集しております。
    会の持続可能な運営にぜひご協力くださいませ。

    詳細は「会員募集」のページを ごらんください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □参考報道(九州、川内原発について)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九電・川内原発の基準適合を正式決定、再稼動は越年の公算
    =規制委 9/10 Reuters

    川内原発:「再稼働ありき」に不安 恩恵多い地元苦悩
    9/10 毎日新聞

    川内原発審査書説明会 来月5市町で

    9/12 YOMIURI ONLINE

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □2014年7月31日現在の署名数・賛同人数
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2014年7月31日現在
    署名数 162,282筆
    賛同人数 6866人

    ・・・・・・

    【事務局からのお知らせ】

    ※各地域での当会の活動報告・活動予定等ございましたら
    ぜひご連絡ください。
    info@kokumintohyo.com

    ※6つ折りリーフレットを配布していただける
    賛同人の方や店舗を募集しています。
    ご希望の方に送らせていただきますので
    よろしくお願い申し上げます。

    ※7月上旬に会員の方に会報「mint2号」を送付しました。
    万が一未着の会員の方がいらしたら、お知らせくださいませ。

    公式サイトからもご覧いただけます。
    詳細はこちら
    会員とは ? 「会員募集のページ」
    会報「mint2号」

    ※みんなで決めよう「原発」国民投票の会からのお知らせは
    月に1~2回です。
    今後受け取らない方、もしくは、送付先のアドレスを変更される方は、
    お手数ですが、
    件名「「原発」国民投票からのお知らせ不要」「アドレス変更」として、
    ご返信くださいませ。
    よろしくお願い申し上げます。

    市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票

    公式 HP
    ツイッター @genpatsuvote
    facebookページ

     

     

     

    2014年度活動方針(案)パブコメ募集  

    2014年度の活動方針案がまとまりました。これは、10月18日(土)に実施する総会の議案となるもので、これより9月30日(火)まで、賛同人・会員・一般の皆さんから意見(パブリックコメント)を募集します。

    【みんなで決めよう「原発」国民投票 2014年度 活動方針(8月20日 案)】

    2014年度活動方針案は、以下の通りです。



    規約の「第5条(活動の内容)」に沿い、2014年度は以下の具体的活動を行う。

    (1) 世論を盛り上げる周知活動を行う
    ・全国各地で街頭活動や展示活動、上映会や学習会などのイベントを行い、自分たちの力量を高めるとともに、署名者、賛同人、会員を増やし、賛同の輪を広げる。
    ・原発の是非に関連する事項について、情報を提供したり、議論・対話の機会を設けたりすることで、世論を盛り上げる。その際、会の中立の立場を活かして、様々な考えの人にアプローチする。この意図は、議論を深めることはもとより、「原発」国民投票実施時の情報提供や議論・対話のあり方をイメージしてもらうことにある。

    (2) 諮問型「原発」国民投票法の成立のため、過半数の国会議員の賛同を得るべく、働きかけを行う。
    ・署名やハガキキャンペーン等で市民の声を国会議員等へ届ける
    ・当会によるアンケートの回答も参考にして、キーパーソンとなりうる国会議員との関係を構築する

    (3) 市民自治を高めるため、原発問題やその他の課題について、各自治体における住民投票の実施を支援する。具体的には、各地の住民投票運動体と連携し、ノウハウの共有や人的交流などを図る。
    ・原発問題では、予想される再稼働論議の高まりに合わせ、原発立地地域その他での都道府県単位、基礎自治体単位での住民投票運動を支援する。
    ・原発以外の課題についても、市民参加・市民自治の裾野を広げるべく、国内外での住民投票運動・住民投票の実施を伝え、支援する活動を行う。


    2014年度活動方針案は、「2014年度活動方針案」(PDFファイル)からもご覧いただけます。

    *昨年度の「2013年度活動方針」(PDFファイル)もご参照ください。

    【意見募集の方法】

    メールかFAXでご意見・ご提案を受け付けます。

    期限:今後のスケジュールの都合上、9月30日(火)までとします。

    宛先:
      ○メールの場合
        メールアドレス:info@kokumintohyo.com
        件名に「規約・新方針に関する意見」と記してください。

      ○FAXの場合
        FAX番号:03-6902-9775

      メール・FAXともに、(1)氏名、(2)住所、(3)賛同人・会員・一般の別を記してください。

    【10/18】 「どうする、原発」二人のゲストを招いて、異なる意見を聞く・話す・考える230分 開催のお知らせ


    「どうする、原発」

    二人のゲストを招いて、異なる意見を聞く・話す・考える230分

    ●プログラム
    ・講演「原発ゼロで日本経済は再生する」吉原 毅(城南信用金庫理事長)
    ・講演「リアルでポジティブな原発のたたみ方」橘川 武郎(一橋大学大学院教授)
    ワークショップ「どうする、原発」

    ●日時:10月18日(土) 開場14:00 開演14:30 終了予定18:20

    ●会場:国立オリンピック記念青少年総合センター (交通案内)
       国際交流棟 第1ミーティングルーム
       東京都渋谷区代々木神園町3-1
       小田急線 参宮橋駅 徒歩約7分
       Tel:03-3469-2525

    ●イベント要旨
    原発は必要か、不要か。多様な主張が十分に提示されることなく、国民的な議論や合意がないまま、事故から3年半以上が経過してしまいました。政府は明確な将来像を示さない中、規制委員会の審査結果を錦の御旗にするかのように、再稼働に邁進しようとしています。また市民レベルでは、脱原発運動に参加する人たちは「原発が必要」という考えに接する機会が少ないのが現状でしょう。いわゆる「原子力ムラ」の中の人たちが、異論に接する機会が少ないことも容易に想像ができます。原発の是非をめぐり激しく対立するだけではなく、多様な意見を知り、話し合い、考える機会を増やしたい。そんな思いから、今回2人のゲストをお招きします。城南信用金庫の理事長の吉原毅さんは、危険でコストが高い原発はただちにゼロにして、新産業の幕開けで景気・雇用を拡大すべきと主張しています。一橋大学大学院商学研究科教授の橘川 武郎さん(日本経営史・エネルギー産業論)は、原子力は過渡的なエネルギーとしつつも、現実的でリアルなアプローチで原発を「たたむ」べきと主張しています。また話を聞くだけではなく、ワークショップの時間を持ち、参加者が主体的に考え、発言する機会を設けます。

    ●講師(敬称略)
    吉原 毅(よしわら つよし)
    城南信用金庫理事長。1955年生まれ。東京都大田区出身。慶應義塾大学経済学部卒、1977年城南信用金庫入職、1995年理事・企画部長、1996年常務理事。懸賞金付定期預金などの新商品の開発などに従事。平成10年常務理事・市場本部長、その後、事務本部長、業務本部長を歴任し、2006年副理事長、2010年より現職。著書:「信用金庫の力」(岩波ブックレット)、「城南信用金庫の『脱原発』宣言」(クレヨンハウス・ブックレット)、「原発ゼロで日本経済は再生する」(角川学芸出版)

    橘川 武郎(きっかわ たけお)
    一橋大学大学院商学研究科教授。1951年生まれ。和歌山県出身。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院を経て、青山学院大学助教授、ハーバード大学ビジネススクール 客員研究員、東京大学社会科学研究所教授などを歴任し、2007年より現職。総合資源エネルギー調査会委員。経営史学会会長。著書は『日本電力業発展のダイナミズム』(名古屋大学出版会)、『原子力発電をどうするか』(名古屋大学出版会)、『東京電力 失敗の本質』(東洋経済新報社)、『電力改革』(講談社)、『日本のエネルギー問題』(NTT出版)など。

    ●参加費:事前申込み1,000円、当日1,200円
    *事前申し込みは締め切りました。当日、直接会場にお越しください。

    ●申込方法:氏名、e-mailアドレスを記載のうえ、
       info@kokumintohyo.com までお申込みください。
       ※メールの件名は「1018イベント申込み」としてください。
    *事前申し込みは締め切りました。当日、直接会場にお越しください。

    ●フライヤー配布などによる告知ボランティアや、当日のボランティアも募集しています。ご協力いただける方は申込みのメールでお知らせください。

    ●主催:市民グループ みんなで決めよう「原発」国民投票
       協力:原発対話の会

    *下記の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。印刷用の白黒フライヤーはこちらです。
    1018_flyer

    【会員申込・継続について】のご案内