賛同人のみなさんへ(2012年4月4日)

 道理なき「原発再稼働」がなされようとしている情勢を受け、政府や国会に対して「原発」国民投票を実施すべしという働きかけを、これまで以上に迅速かつ強力に進める必要があります。その第1弾が22日に議員会館で開催した〈「原発」国民投票についての市民と議員の対話カフェ〉ですが、通常国会の審議に間に合わせるべく、遅くとも6月上旬までには衆参両院の議長や各党トップへの申し入れを(署名を添えて)行います。
 
 「申し入れ」の際、手渡す署名について、私たちは有権者の1%にあたる111万筆を獲得目標にしています。全国の5千人余の賛同人に協力要請をします。共に行動していただきたい。[6月・111万筆]という目標は決して不可能な目標ではありません。
 
① 都民投票、市民投票実現の運動に入る前と現在とでは、賛同人をはじめとして、私たちの仲間が2倍以上に増えました。「原発」国民投票・住民投票についての認知度も高まりました。
② 生年月日+捺印が必要な法定署名を、東京都と大阪市で計40万筆獲得した実績があり、生年月日+捺印を必要としない署名を111万筆集めることは、ネットよる収集などで工夫すれば非現実的な話ではないと考えます。
 
 通常国会での審議が可能な6月段階で「申し入れ」をするということが第一義ですので、たとえその時点で111万に達していなかったとしても、「申し入れ」は行います。また、「申し入れ」をしたら署名収集は打ち切りということではなく、引き続き集め続けます。

※今後の活動スケジュールについて
◆「原発」国民投票実現スケジュール
 ⇒http://kokumintohyo.com/kokumintohyo/flow

2012年4月6日