造幣局桜の通り抜けアピール

昨年に続き、大阪造幣局桜の通り抜けでみんなで決めよう「原発」国民投票のアピールを4月15日に行いました。大阪造幣局桜の通り抜けは、大阪に春を告げる風物詩として定着しており、1日の来場者は約10万人、7日間の開催期間で80万人以上が訪れるイベントです。

アピール参加者は6名。約六つ折りチラシをさりげなく掲げながら参加メンバーで桜観賞。通り抜けた出口でのぼりを掲げてアピール活動(チラシ配布と署名集め)を行いました。来場者の反応も良く、チラシ約150部を配布、署名20筆をいただきました。

桜の通り抜け中

カテゴリー: 活動レポート   パーマリンク

コメントは受け付けていません。