しばけんの『この目で見てきたスコットランド「独立」住民投票』 (11月8日)

私たち「みんなで決めよう「原発」国民投票(以下、「原発」国民投票)関西では、11月8日、「しばけんの、この目で見てきたスコットランド独立住民投票」と題して現地報告会を行いました。講師に、去る9月18日に実施されたスコットランドの独立の是非を問う住民投票の現地取材を行った、会のメンバーでもあるフリージャーナリスト・大芝健太郎(28)さんをお招きしました。

今回のスコットランド独立住民投票は、「独立」という重要なテーマであったにも関わらず、住民投票という極めて民主的方法によって是非が問われたこと、対立ではなく議論により無血で実施されたという点で、注目すべき重要な事例となったといえます。投票資格についても、選挙での18歳以上から「16歳以上」に引き下げられました。独立の未来を担う当事者である、というのが主たる理由です。投票資格を誰に与えるのか、など「原発」国民投票を考えるうえでも大いに参考にできる点です。

報告会では、現地の様子はもちろん、賛成派/反対派がどのような運動をしていたかについて、写真や動画を交えた報告でした。意思を示すステッカーやシールが窓や電車など街の至るところに貼られ、各地で両派の議論が行われていた様子や、若い世代も活発にこの議論に参加していたことが臨場感をもって伝えられました。しかし、独立問題に多くの人が関心をこれまで寄せていたわけでもなかったようです。政治不信や政治離れは日本と同様の状況のようでした。それが、独立を問う住民投票の実施によって、無党派層や選挙に行かない層に当事者意識を目覚めさせた、ということを、若者層を中心にした大芝さんの独自インタビューから指摘されました。過去最高の投票率であったことも、それを裏付けています。また、年金問題への不安などから、とくに世代間で賛成/反対の意見がはっきりと分かれたという解説もありました。実際の実施事例に基づいた住民投票の話を聞くことで、街の雰囲気や議論の内容、投票前後の様子などを具体的に知ることができ、民主主義や直接投票についてより深い理解へとつなげることができました。

参加者からも、住民投票は知らなかったが社会の動きを学びたいという大学生、自分の意見を言いにくい日本の現状に疑問を感じるという米国在住経験者、賛成反対の対立ではなくフラットに議論できる住民投票の可能性について、実例から学びたいという声がありました。参加者14名と少人数でしたが、報告中に質問や意見交換をしながら、和気あいあいとした雰囲気のなか充実した議論をすることができました。

直接投票自体にあまりなじみのない日本では、「議論をすること」や「対話をすること」に、そもそも価値が置かれていないのかもしれません。対話を通じて共に考えることやお互いに意見を聞きあい合意形成をしていくということを、私たち自身がもっと身につけていく必要性を改めて認識して、会を終了しました。

※イベントデータ

●日時:11月8日(土)開場13:30/開始14:00 (17:00 終了)
●会場:コミュニティスペース「モモの家」(吹田市泉町5-1-18)
http://www.momo-family.org/ Tel/Fax: 06-6337-8330
●料金:1,000円
●参加者数:14名

※フライヤー(1,300枚配布)

カテゴリー: 活動レポート | しばけんの『この目で見てきたスコットランド「独立」住民投票』 (11月8日) はコメントを受け付けていません。

10月18日・総会とイベントに参加しましょう。

東京・代々木にて、みんなで決めよう「原発」国民投票・総会が開催されます。
全国の会員・賛同人が一堂に会し、年次総括と人事、活動方針の採択を行います。
会員・賛同人の方はぜひご参加ください。

  • 日時:2014年10月18日(土曜日)11:00〜12:30
  • 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター ・国際交流棟 第1ミーティングルーム(アクセス) 

午後からは同会場で、トーク&ワークショップのイベントを開催します。

『「どうする、原発」二人のゲストを招いて、異なる意見を聞く・話す・考える230分』

どちらの意見が正しい、という聞くだけの講演会スタイルではなく、参加者が情報を得たのち、自分(たち)はどう考えるか、意見を交換しあえる参加型のイベントです。
もちろん一般の方でも参加できます。

  • 参加費:事前申込み1,000円、当日1,200円
  • 申込方法:氏名、e-mailアドレスを記載のうえ、
    info@kokumintohyo.com までお申込みください。
    ※メールの件名は「1018イベント申込み」としてください。
  • フライヤー配布などによる告知ボランティアや、当日のボランティアも募集しています。ご協力いただける方は申込みのメールでお知らせください。

*別件ですが、会員更新手続きも行っておりますので、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | タグ: | 10月18日・総会とイベントに参加しましょう。 はコメントを受け付けていません。

9月28日・西野ひかるさんお話し会『間近に原発のある暮らし』のお知らせ。

「さよなら原発北葛の会」と「みんなで決めよう「原発」国民投票・関西」の共催で、「西野ひかるさん お話し会『間近に原発のある暮らし』を開催します。

原発銀座とまでいわれる立地地区、福井県若狭地方。
ここで暮らす人々はどんな思いで日々を過ごしているのでしょう。
「原発反対」とは地元ではどういう意味をもっているのでしょう。

そんな生の声が聞ける貴重な機会です。質問の時間も設けています。
電力消費地の私たちと原発立地地区の住民が、一緒に目指せる道、手をつなぐ方法を考えたいと思っています。

—————————————————–
西野ひかるさんの柏崎報告

夢のちからプロジェクト・若狭

—————————————————–

「西野ひかるさん お話し会『間近に原発のある暮らし』

  • 日時:2014年9月28日(日) 13:00
  • 講演・質疑応答13:30〜16:30
  • 会場:王寺町地域交流センター・フリールーム3
  •   (JR大和路線 王寺駅 中央改札口おりて左すぐ り~べる王寺東館(SEIYU) 5階)
  • お問い合わせ/申し込み:電話:090-4281-6847 (榎本)
  • メール:nara.genpatsukokumintohyo@gmail.com (藤原)
  • 申し込みはFacebookイベントページで「参加」を押してくださっても大丈夫です。

 

 

カテゴリー: イベント告知 | 9月28日・西野ひかるさんお話し会『間近に原発のある暮らし』のお知らせ。 はコメントを受け付けていません。

生物多様性フェス「コップププー」に出展しました。

2014年5月25日・11:00〜19:00、大阪市北区中崎町ホールにて開催された、生物多様性フェス「コップププー」(Towards CBD/COP12)に「原発」国民投票ブースを出展しました。
「コップププー」は「地球に暮らすいろんな生き物たちと仲良く生きていきたい!!」という想いを込めた、TALKあり、LIVEあり、マーケットや展示ありのフェスイベント。「原発」国民投票は、CBD/COP12が目標として挙げているなかで

  • 目標 2:国や地方は生物多様性に気を配った計画を立てよう。
  • 目標17:みんなで参加しながら作戦を立て、みんなで実現しよう。

の2つの目標の実現に向けた運動として参加しました。

「原発」国民投票・関西からは、コップププーのスタッフ兼任も含めて、7名が参加。生物多様性と住民投票・国民投票の関連する事例として、

  1. 亀岡市スタジアム建設に関する住民投票運動
  2. 小平市都道3・2・8 号線住民投票

の2例と、住民投票(直接請求)の実現プロセスをパネル展示しました。

コップププーパネル

※CBD/COP12とは?
1992年に開かれた地球サミットで生き物が暮らせる環境を守るために生物多様性条約(CBD)が締結されました。それから、二年に一度生物多様性の世界会議が開かれるようになり、今年で12回目の会議(COP12)。開催地である韓国ピョンチャンに世界中から政府や市民、先住民など様々な立場の人が大集合します。

カテゴリー: 未分類 | 生物多様性フェス「コップププー」に出展しました。 はコメントを受け付けていません。

『シェーナウの想い』と『「原発」都民投票〜これまでとこれから〜』上映会を開催しました。

2014年5月11日、奈良・王寺にて、映画『シェーナウの想い』と『「原発」都民投票〜これまでとこれから〜』の自主上映会を行いました。
上映に先立ってJR王寺駅改札前通路にて、 イベント告知と「原発」国民投票のアピール(六つ折りリーフレット配布、署名集め)を5名で実施。「本日、無料上映会を開きます!」のコールに通行人の反応が良く、1時間のアピールで約150部を受け取ってもらえました。そしてその場より2名の方に上映会に参加していただきました。
上映後は映画の感想と合わせて、原発と住民投票について、また大阪市民投票に参加したときの想いなどを、参加者でなごやかに語り合いました。

続きを読む →

カテゴリー: 活動レポート | 『シェーナウの想い』と『「原発」都民投票〜これまでとこれから〜』上映会を開催しました。 はコメントを受け付けていません。

造幣局桜の通り抜けアピール

昨年に続き、大阪造幣局桜の通り抜けでみんなで決めよう「原発」国民投票のアピールを4月15日に行いました。大阪造幣局桜の通り抜けは、大阪に春を告げる風物詩として定着しており、1日の来場者は約10万人、7日間の開催期間で80万人以上が訪れるイベントです。

アピール参加者は6名。約六つ折りチラシをさりげなく掲げながら参加メンバーで桜観賞。通り抜けた出口でのぼりを掲げてアピール活動(チラシ配布と署名集め)を行いました。来場者の反応も良く、チラシ約150部を配布、署名20筆をいただきました。

桜の通り抜け中

カテゴリー: 活動レポート | 造幣局桜の通り抜けアピール はコメントを受け付けていません。

第5回北千里駅前チャリティーフェスタに参加しました。

4月6日、吹田市の北千里駅前で行われた「第5回・北千里駅前チャリティーフェスタ」に、みんなで決めよう「原発」国民投票・関西も参加しました。ステージでのアピールタイムもあり。駅前にブースを設置して、署名・カンパの受付けとチラシ配布を行いました。署名40筆、カンパ1,504円をいただきました。主催・運営のみなさん、ありがとうございました。

ステージでのアピールブース

日時: 2014年4月6日(日曜日)11時〜17時

場所: 阪急北千里駅 dios北千里 「出逢いの広場」(田村書店前の周辺)

※以下は主催者FaceBookページからの引用です。

今も東日本被災地では住民の苦しみは続き、原発汚染水が海に流出、国際問題になっています。
東北の人たちの苦しみを忘れず、「住民本位の復興をいそげ!」「原発はいらない!」
「収束宣言を撤回し、原発事故の本格的対策を急いで!」の声とつながって、
第5回目の北千里駅前チャリティーフェスタを開催します。
今回は吹田市を中心に、様々な活動を行っている団体の方のブースも設けています。
短時間でも是非ご来場ください、お待ちしています。  実行委員長 正置友子

カテゴリー: 活動レポート | タグ: | 第5回北千里駅前チャリティーフェスタに参加しました。 はコメントを受け付けていません。